安倍 治夫(あべ はるお、1920年4月2日 - 1999年8月16日)は、日本の弁護士。元検察官

人物編集

1920年4月2日生まれ[1]北海道根室市出身[1]。東京大学卒業[1]

東京地方検察庁や福岡高等検察庁で、検事の職に従事する[1]1953年ハーバード大学に留学している[2]。「昭和の岩窟王」として名高い吉田岩窟王事件の吉田石松の再審請求を助ける[1]

1966年、弁護士に転ずる。1970年頃、自動車業界にて欠陥車問題が発覚し安倍は、松田文雄らと『日本自動車ユーザーユニオン』を結成。松田は専務理事、安倍は顧問弁護士として活動し、機関紙『ジャック』を発行し自動車各社の欠陥を指摘し消費者運動の先頭に立った。その中でホンダ・N360の構造的欠陥を暴き[要出典]本田宗一郎を未必の故意による殺人罪で告訴する。しかし1971年11月2日本田技研工業に対して損害賠償金16億円を要求したとして安倍・松田両名は恐喝未遂罪で逮捕される(ユーザーユニオン事件[3]1977年8月、1審の東京地方裁判所は懲役2年の実刑判決を言い渡すが、1986年2月の東京高等裁判所での2審では執行猶予付き判決が下る。その後1987年1月に最高裁判所にて執行猶予判決が確定し、この時点で弁護士資格を失うが昭和天皇崩御にともなう恩赦により再び弁護士資格を得る。1991年4月22日袴田巌死刑囚の再審請求の弁護人に選ばれる[4]

日本人のイスラム教徒として1986年現代書館から『イスラム教フォー・ビギナーズ』を出版する。

1999年8月16日死去[1]

著作編集

自著編集

  • 刑事訴訟法における均衡と調和 1963年 一粒社 ASIN B000JAJ1DI
  • 欠陥車 - 全国産車を徹底調査する 1972年 ビクトリー出版 ASIN B000J9TCTW
  • 聖クルアーン〈アンマ篇〉―日・亜・英対訳 1982年 谷沢書房
  • イスラム教フォー・ビギナーズ 1986年1月 現代書館 ISBN 4-7684-0036-1

監修編集

脚注編集