メインメニューを開く

安岡直行

安岡 直行(やすおか なおゆき、天保10年(1839年) - 文久4年2月16日1864年3月23日))は、幕末期の土佐藩の郷士。名は斧太郎

1839年、安芸郡安田村の庄屋の息子として生まれる。1861年土佐勤王党に参加する。翌年、50人組の一人として江戸に赴き、山内容堂の護衛を務めた。1863年には容堂の命により、勝海舟海軍塾に入って様々なことを学んだ。そして北方警備や蝦夷地開拓などに大きな興味を持ち、北添源五郎と共に蝦夷地の調査を行なっている。

1864年、天誅組の反乱に砲隊伍長として参加したが、鷲家村の戦いで負傷して捕らえられ、京都六角の獄中において斬首に処せられた。享年26。