メインメニューを開く
安岡雄吉

安岡 雄吉(やすおか ゆうきち、1854年4月21日嘉永7年3月24日[1])- 1920年大正9年)11月1日)は、明治期の官僚、政治家。勲四等旭日章大東亜戦争の際、終戦詔勅の起草文を刪修した陽明学者安岡正篤の祖父にあたる。

目次

経歴編集

土佐国幡多郡中村(高知県中村市)出身。安岡良亮の長男として生まれる。上京して大学南校慶應義塾に学ぶ。

1878年(明治11年)、内務省に入る、元老院御用掛を経て後藤象二郎大同団結運動に参加。1892年(明治25年)、第2回衆議院議員総選挙吏党系から出馬し、自由党片岡健吉林有造を破るが、松方内閣が行った選挙干渉が問題となり、訴訟の結果当選無効となってしまった。1897年(明治30年)から1899年(明治32年)まで欧州各国を視察。1904年(明治37年)、衆議院議員に当選し、一期務めた。

家族編集

  • 父:安岡良亮
  • 弟:安岡秀夫
    • 娘婿:安岡盛治
    • 娘:安岡光恵(盛治妻)
      • 孫婿:安岡正篤(婿養子、実父堀田喜一)
      • 孫:安岡婦美(正篤妻)

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第二十回帝国議会衆議院議員名簿』〔1904年〕、26頁。

参考文献編集