安武洋子

日本の政治家

安武 洋子(やすたけ ひろこ、1928年7月26日 - 2019年8月8日[1])は、日本政治家参議院議員日本共産党公認、通算2期)。日本共産党中央委員会名誉幹部会委員[2]安武ひろ子とも表記。

来歴編集

兵庫県神戸市出身。兵庫県立第二神戸高等女学校(現・兵庫県立神戸高等学校)を卒業後、兵庫県総評婦人部長などを経て、1974年の参院選兵庫県選挙区から出馬し初当選を果たす。当選2回。原水爆禁止日本協議会副理事長として核廃絶運動にも取り組んだ。

2019年8月8日、死去[1]

政歴編集

脚注編集

  1. ^ a b “安武洋子氏死去(元共産党参院議員):時事ドットコム”. 時事通信. (2019年8月10日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081000494&g=obt 2019年8月11日閲覧。 
  2. ^ 名誉役員と顧問を承認 あらたに31氏 日本共産党第21回大会 1997年9月26日

参考文献編集