メインメニューを開く

安田 謙一(やすだ けんいち、1962年1月25日 - )は、兵庫県神戸市出身の文筆家ラジオDJ作詞家。自称は「ロック漫筆家」。兵庫県在住。血液型はO型

目次

プロフィール編集

兵庫県神戸市出身。滝川高等学校卒業後、情報系企業に就職するが2か月で退職。京都へと転居し、複数のレコード店にアルバイト勤務するかたわら、ミニコミ「3ちゃんロック」を発行。その後、現在のメールマガジンを先駆けてしまった感もあるFAXマガジン「今週のテンチングス」を創刊、並行して「ミュージック・マガジン」などの、主として音楽専門誌に寄稿を始める。1990年代には「安田ビル」という筆名でも活動していた。2002年までに書かれたこれらの批評やエッセイをまとめたものは『ピントがボケる音』として、2003年に国書刊行会から上梓されており、それ以降の2012年までに書かれたものは『なんとかと なんとかがいた なんとかズ』としてまとめられ、プレスポップから出版されている。 2003年以降は文筆業を主とし、「ロック漫筆家」を肩書としている。

活動編集

月刊CDジャーナル」誌上に漫画家辻井タカヒロとの共著による『書をステディ町へレディゴー』(旧題『ロックンロールストーブリーグ』。2010年8月号よりタイトルを変更した)[1]を、また「ミュージック・マガジン」に『これがヒットか!?』を連載する他、さまざまな雑誌や媒体等に寄稿している。

その他の活動編集

DJ編集

80年代後期から90年代にかけて内門洋とのコンビによるDJチーム、サウンドバビッチで活動。

ラジオDJ編集

80年代中期、ラジオ関西でオンエアされていた深夜番組つかしんミュージックウェーブ」の水曜日『ポップス渦巻島』の担当DJで、番組構成も担当していた。この「つかしんミュージックウェーブ」では、他にも中村とうよう阿木譲等が日替わりで担当DJを務めていた。この番組タイトルは石井輝男の映画「女体渦巻島」からとったものである。

2011年4月5日から2014年9月16日までラジオ関西プロ野球ナイター中継が無い火曜の19時から21時40分まで放送される生番組夜のピンチヒッター」のディスクジョッキーを担当。2015年は編成上の都合で休止していたが、2016年4月15日より金曜日の17時55分から22時までと同名タイトルのまま、放送日時を移動して放送されることになった。

作詞家編集

モダンチョキチョキズ

バンドマン編集

関わった作品、アーティストなど編集

連載編集

著書編集

  • 『ピントがボケる音』(2003年10月 国書刊行会
  • 『すべてのレコジャケはバナナにあこがれる』(市川誠との共著)(2004年8月 太田出版
  • 『ロックンロールストーブリーグ』(辻井タカヒロとの共著)(2010年4月 音楽出版社
  • 『なんとかと なんとかがいた なんとかズ』(2012年12月 presspop inc
  • 『神戸、書いてどうなるのか』(2015年11月 ぴあ

ラジオ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2004年7月号掲載分のみ、若い女性読者を意識し、目次およびタイトルを「ロックンロールストーブリーグ」から「ダイエット二重まぶた」に改名したことがある。

関連項目編集

外部リンク編集

  • 「ラジオ関西 放送予定スケジュール」[2]
  • 辻井タカヒロ「冗漫タイムス」[3]
  • 「ちょっとピントがボケる音」[4]
  • 「月刊てりとりぃ」http://d.hatena.ne.jp/territory/ 「月刊不老不死」連載中
  • 『夜のピンチヒッター』(Twitter)[5]