プロ野球中継(プロやきゅうちゅうけい)とは、プロ野球の試合を中継で放送または配信を行う番組のことである。

本項では、日本の一般社団法人日本野球機構(NPB)によるプロ野球の試合中継について記述する。メジャーリーグベースボール(MLB)の中継についてはメジャーリーグベースボール#テレビ放映権を参照。

日本における歴史編集

黎明期編集

1936年7月に開かれた「日本職業野球連盟結成記念大会」(東京・早稲田大学戸塚球場〔後の安部球場〕)が、東京中央放送局(JOAK。現在のNHK)により放送。大会期間中の全試合を生中継し、特に初日と決勝戦には「神宮球場にが2羽、3羽」の名調子でならした松内則三和田信賢が実況を担当した。これは二人のアナウンサーが掛け合いで同時にしゃべるという試みであった。場内に集音マイクを設置してバットの打撃音や観客の声が流れるようにしたが、野球中継で集音マイクを設置した最初の例であるという[1]

1951年、実験放送であるが、後楽園球場でのパシフィック・リーグ大映近鉄毎日東急の2試合で日本初のテレビ中継が行われた[2]

1952年7月15日、前年に開局した神戸放送(現:ラジオ関西)により民放ラジオ局初のナイター中継が開始[3]

1953年8月29日、日本テレビにより民放テレビ局初のナイター中継が行なわれた。後楽園球場で行なわれた巨人阪神戦で、同局の開局翌日であった。同年、同局は民放初の「日本シリーズ」(巨人対南海・後楽園球場)中継も行った[4]

1970 - 1990年代編集

読売ジャイアンツのV9により人気が全国的となり、対巨人戦の中継はキー局が争奪する人気コンテンツとなった。またセ・リーグの優勝決定試合は球団に関わらず全国ネットで生放送されることが恒例となっていった。一方パ・リーグは1980年代以降の西武ライオンズの黄金時代が到来したこともあり、対巨人戦ほどではないものの、中継される機会が次第に増加していった。

試合が長時間化していったことから、特にセ・リーグの対巨人戦のナイター中継では各局、21時前の中継終了時点で試合が続いていた場合は最大で30〜60分の中継延長オプションを設けるようになった(21時以降の番組は順次繰り下げ)[注釈 1]

カメラのマルチアングル化が進むなど、ハード面での新機軸導入が多く取り入れられた。日本テレビでは1971年に「ワイプナイター」という延長放送の手法も取った。中継時間終了後も後続番組(「怪奇十三夜」内など)で画面一部をワイプ処理して中継映像を映すものであった[5]が、同年に日本映画監督協会から中止の要請が入り取りやめた[6]テレビ朝日では野村克也の解説の下、ストライクゾーンを9分割した配球予測図のスーパーインポーズ表示「ノムラスコープ」が導入された[7]

1990年代以降はスポーツ中継専門のCS局やBSデジタル放送局が次々と開局し、12球団ほぼ全てが中継でカバーされるようになる。また試合中継時間に制約がないことから徐々に契約者を増やしていった。

日本シリーズがデーゲーム開催だった頃は、テレビ・ラジオ中継では、民放とNHKとの事実上の同時放送が行われていた事があった[注釈 2][8]

2000年代 -編集

2006年から、裏番組球界再編問題の影響を受けて視聴率が低迷し、全国放送のレギュラー番組としては打ち切りレベルにまで低下してしまう。テコ入れのために野球とは無関係のゲスト[注釈 3]を呼び、却って視聴者から不満の声が上がることも多くなった。ナイター中継の視聴率低迷は全体の番組編成にも悪影響を及ぼすようになったため[注釈 4]、テレビ中継は地上波から視聴率に影響されにくい衛星放送へ徐々に移行していき、地上波全国放送は開幕戦や週末・祝日デーゲーム、オールスターゲーム、日本シリーズに限られるようになった[注釈 5]

視聴率低迷の原因として、日本テレビの岡田謙吾プロデューサーは団塊ジュニアポスト団塊ジュニアをはじめとする昭和40年代後半以降(1970年以降)に生まれた世代が、サッカーなどの野球以外のスポーツやバラエティ番組などのプロ野球中継以外のテレビ番組に魅了されたことが原因とされており、プロ野球中継を視聴することが習慣として身に付かないまま定着していったことにあると述べている[9]。また、メディアアナリストの鈴木祐司は、野球中継の視聴者層は男性の後期高齢者が中心となっており、特に女性視聴者全般から敬遠されていることを指摘している[10][11]亀山千広フジテレビ社長(当時)は2015年10月23日の定例会見で「系列ネットワーク局にとって宝のコンテンツ」と理解を示す一方で「フジのことだけを考えれば野球中継は苦しい」と述べた[12]

2004年5月2日の対広島戦が、視聴率20%を超えた「巨人の公式戦中継」最後の試合となっている[5]。さらに2015年8月25日にフジテレビ系列で放送された、ヤクルト対巨人戦では3.7%の低視聴率を記録し[13]、2010年代以降はオールスターゲーム・日本シリーズでも視聴率が低迷するようになった[14][15][16]。さらに2014年の日米野球では、全て一桁を記録している[17]

その一方で、関東地方以外の本拠地を持つ球団では地域密着の一環として[18]、地元局でのローカル中継が増加するようになった[注釈 6]。特に広島戦の広島地区での平均視聴率は高視聴率を記録しており[19][20][21][22]、広島が25年ぶりのリーグ優勝を決めた2016年9月10日NHK総合テレビで放送された対巨人戦(東京ドーム)の広島地区での平均視聴率は60.3%を、瞬間最高視聴率は71%を各々記録し[23]、本拠地マツダスタジアムで球団史上初のリーグ3連覇を決めた2018年9月26日テレビ新広島(フジテレビ系)で放送された対ヤクルト戦でも広島地区の平均視聴率は54%を、瞬間最高視聴率は68・8%を各々記録した[24]。近年は、関西地区での阪神戦の平均視聴率も高視聴率を記録するようになり[25][26][27]2020年6月19日日本テレビ系列で放送された開幕戦の対巨人戦(東京ドーム)の関西地区での平均世帯視聴率は15.2%を、瞬間最高視聴率は22.0%を記録し[28]、翌年の2021年3月26日関西テレビ(フジテレビ系)で放送された開幕戦の対ヤクルト戦(神宮球場)でも関西地区の平均世帯視聴率は14.8%を記録した[29]。また、2020年には名古屋地区での中日戦の平均視聴率も2桁台[30][31]を相次いで記録した。

札幌地区でも日本ハム戦の視聴率は20%超を記録し[19]、日本ハムが10年ぶりの日本一を決めた2016年10月29日日本テレビ系列で放送された『日本シリーズ第6戦「広島対日本ハム」』(マツダスタジアム)の札幌地区での平均視聴率は50.8%を、瞬間最高視聴率は66.5%を各々記録[32]。ソフトバンクが4年連続の日本一を決めた2020年11月25日にフジテレビ系列で放送された『日本シリーズ第4戦「ソフトバンク対巨人」』(福岡PayPayドーム)の北部九州地区での平均世帯視聴率も27.8%を、瞬間最高視聴率は38.2%を各々記録した[33]。近年は、関東地区の独立局[注釈 7]でも放送が増加し、キー局である日本テレビでも地上波関東ローカル巨人主催試合中継の週末・祝日デーゲームを放送している。

ラジオでは聴取者に中高年が多いことや、編成の柔軟性がテレビより高い[注釈 8]ことから2000年代以降も放送されることが多かったが、デーゲームの増加や聴取率低迷、radikoの普及を理由にラジオ大阪TBSラジオDeNA主催試合JRN系列局への裏送りのみ継続)のように撤退する放送局も現れた[34][35][36][37]。特にTBSラジオの撤退以降はキー局の文化放送[38]や地元球団が無い地方局では野球中継を縮小、あるいは撤退する動きが相次いでいる。

インターネット中継編集

2000年代頃からはインターネットを活用した中継を行う事例が多くなりつつある。但しこれらは放映権の関係から視聴可能な球団は配信業者ごとに異なっており、単一業者で12球団視聴可能なサービスは2019年まで存在していなかった。また日本シリーズはネット配信の導入が遅く、全試合の配信が行われるようになったのは2018年からである。

エピソード編集

2010年の日本シリーズはセ・リーグ覇者の中日ドラゴンズとパ・リーグはクライマックスシリーズを制覇したリーグ3位の千葉ロッテマリーンズの対戦となった。しかし、この年は第1・2・5戦が地上波での全国中継がなくなるという(民放全国ネット確立後)史上初の出来事が発生した[48][49]。なお、11月6日のシリーズ第6戦はフジテレビ系列で放送されたが、延長15回まで縺れたため3時間10分に及ぶ大幅な延長により21:00 - 23:10の放送予定だった土曜プレミアム(映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』)が日付を跨いで、日曜0:10 - 2:20まで『土曜プレミアム』として放送された。また、これにより深夜から朝方にかけて放送予定だった一部の番組が休止となった[50]

ちなみに、プロ野球の中継は、サンテレビが1992年9月11日に阪神甲子園球場から中継した阪神対ヤクルト戦が史上最長である。

脚注編集

  1. ^ 鈴木龍二『プロ野球と共に五十年(上)』(恒文社、1984年)P35 - 37。なお、本書にはこの結成記念大会の中継が「プロ野球が、初めてNHKのラジオで放送された」と記されているが、上記の通り名古屋放送局の中継が先行しているため、正確な記述ではない。
  2. ^ プロ野球中継における地域性
  3. ^ ラジオ関西
  4. ^ 『大衆とともに25年沿革史』(日テレ社史)に記載の昭和28年10月12日から18日のタイムテーブルより参照。
  5. ^ a b スポーツ報知 2014年9月25日24面 「巨人軍80周年 あの時」第15回
  6. ^ 日本映画監督協会 Archived 2010年7月26日, at the Wayback Machine.
  7. ^ ノムラスコープに見るビッグデータの意味と活用の条件 - 日経BP
  8. ^ 1987年10月29日の東奥日報テレビ欄とラジオ欄から。但しラジオ中継に関しては、現在でも同時放送が行われている。
  9. ^ “ファン高齢化打開へ? 桑田&立浪コンビ、実現のワケ”. 夕刊フジ (ZAKZAK). (2010年5月6日). オリジナルの2010年5月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100509100212/http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20100506/bbl1005061615005-n2.htm 2011年2月15日閲覧。 
  10. ^ “日本シリーズで巨人が2勝以上してはいけない“事情”~関東のプロ野球中継は見直しが必要!~”. 鈴木祐司. (2020年11月21日). https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20201121-00208983/ 2020年11月22日閲覧。 
  11. ^ “巨人戦はオワコンか?~日本シリーズ視聴率一桁から見える現実~”. 鈴木祐司. (2019年10月27日). https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20191027-00148483/ 2020年11月22日閲覧。 
  12. ^ “日本シリーズ:どうした視聴率、関東で低迷”. 毎日新聞. https://archive.fo/20151029035539/http://mainichi.jp/select/news/20151028k0000e040199000c.html 2015年10月28日閲覧。 
  13. ^ “視聴率3%…巨人戦、テレビ局は「もう中継必要なし」 日テレ、天王山すら中継なしの異常事態”. Business Journal. http://biz-journal.jp/2015/10/post_11784.html 2015年10月1日閲覧。 
  14. ^ “プロ野球「日本シリーズ」の視聴率低すぎ! さらに“ヤバい”サッカー中継も含め「2大巨頭」終焉か”. excite.ニュース. http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20151028/Cyzo_201510__2_2.html 2015年10月28日閲覧。 
  15. ^ 崩れた神話──なぜ日本シリーズの視聴率は低迷したのか” (日本語). NEWSポストセブン. 2019年10月26日閲覧。
  16. ^ “プロ野球の日本シリーズを中継するテレビ局が悲鳴! 視聴率が爆死連発で地上波からついに消滅か?”. 日刊サイゾー. https://www-cyzo-com.cdn.ampproject.org/c/s/www.cyzo.com/2020/11/post_259884_entry.html/amp?usqp=mq331AQQKAGYAZbGwZag2uHsLLABIA%3D%3D 2020年11月26日閲覧。 
  17. ^ “日米野球、全試合視聴率1ケタで壊滅的…各局が放送“せざるを得ない”裏事情とは?”. Business Journal. http://biz-journal.jp/2014/11/post_7503.html 2014年11月29日閲覧。 
  18. ^ “カープ視聴率は平均3割 プロ野球、地方で元気な理由”. NIKKEI STYLE. https://style.nikkei.com/article/DGXMZO24373000X01C17A2H49A01 2017年12月22日閲覧。 
  19. ^ a b “【プロ野球】平均視聴率は広島30%、北海道20% 地上波全国中継減少もローカル局など存在感”. 産経新聞. https://www.sankei.com/smp/sports/news/161022/spo1610220014-s1.html 2016年10月22日閲覧。 
  20. ^ “視聴率71%!広島民の尋常ならざるカープ愛 いまさら聞けない「市民球団」の秘密とは?”. 東洋経済オンライン. https://toyokeizai.net/articles/amp/141365?display=b&amp_event=read-body 2016年10月25日閲覧。 
  21. ^ “カープ戦高視聴率 個人視聴率で広島地区初の20%超え!”. 広島テレビ. https://www.htv.jp/press/other/200625.html 2020年6月25日閲覧。 
  22. ^ “プロ野球2020シーズン 広テレ!のカープ戦は今年も高視聴率!”. 広島テレビ. https://www.htv.jp/press/other/201112.html 2020年11月12日閲覧。 
  23. ^ “カープ優勝、瞬間最高視聴率71% 広島地区”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/articles/ASJ9D4DNHJ9DUCVL010.html 2016年9月12日閲覧。 
  24. ^ “驚異的数字!テレビ新広島カープV瞬間視聴率68%”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/201809280000117_m.html?mode=all 2018年9月28日閲覧。 
  25. ^ “【週間視聴率トップ20】プロ野球開幕戦の「巨人×阪神」が関西で高視聴率(3月26日〜4月1日)”. 産経新聞. https://www.sankei.com/article/20180407-OO3HBRVPJROY7EYT3UMY2SOLFI/?outputType=amp 2018年4月7日閲覧。 
  26. ^ “阪神・藤川球児の引退試合 視聴率は関西地区で7・4%」”. スポニチ. https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/11/kiji/20201111s00001173264000c.html?amp=1 2020年11月11日閲覧。 
  27. ^ “テレビ大阪プロ野球中継『日本ハムvs阪神タイガース』が在阪テレビ局視聴率トップに!今季最長試合にマルチ放送で粘るも…”. テレビ大阪. https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000896.000020945.html 2021年6月9日閲覧。 
  28. ^ “GT開幕戦視聴率、関西で瞬間最高22・0%”. サンケイスポーツ. https://www.sanspo.com/article/20200622-PEPIGBP7ABO7LLQPAI3DEF3J7M/?outputType=amp 2020年6月22日閲覧。 
  29. ^ “ヤクルト対阪神開幕戦は関西14・8% 巨人対DeNAは関東8・8%”. デイリースポーツ. https://www.daily.co.jp/tigers/2021/03/29/0014193002.shtml?pg=amp 2021年3月29日閲覧。 
  30. ^ “与田竜 マコトシヤカ?視聴率急回復で2ケタ台連発 〝球団総出〟LiSAのMVも大好評!”. 東京スポーツ. https://www-tokyo--sports-co-jp.cdn.ampproject.org/c/s/www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2106771/?amp&usqp=mq331AQRKAGYAYOS7py4j4KM3AGwASA%3D 2020年8月25日閲覧。 
  31. ^ “中日5連勝! チームも視聴率も「好調モード」突入”. 東京スポーツ. https://www-tokyo--sports-co-jp.cdn.ampproject.org/c/s/www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2292297/?amp&usqp=mq331AQRKAGYAYfSs-DRwKe2twGwASA%3D 2020年10月15日閲覧。 
  32. ^ “プロ野球日本シリーズ第6戦 視聴率50.8%を記録!~札幌地区・ビデオリサーチ調べ”. 札幌テレビ放送. https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000014.000021750.html 2016年10月31日閲覧。 
  33. ^ ソフトバンクV4の日本S第4戦、北部九州で平均27・8%、瞬間最高38・2%の高視聴率” (日本語). スポーツ報知. 2020年11月26日閲覧。
  34. ^ “TBSラジオ プロ野球中継から撤退「多様なニーズに応える」と社長”. デイリースポーツオンライン. https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/29/0010774200.shtml 2017年11月29日閲覧。 
  35. ^ “TBSラジオ、プロ野球中継撤退を発表「リスナーの皆様、長年ありがとうございました」”. スポーツ報知. http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171129-OHT1T50136.html 2017年11月29日閲覧。 
  36. ^ “TBSラジオ 野球中継完全撤退、他局重複が理由 65年で幕”. Sponichi Annex. (2017年11月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/30/kiji/20171129s00041000358000c.html?feature=related 2017年12月10日閲覧。 
  37. ^ “TBSラジオ、プロ野球中継から撤退 来春から新レギュラー番組スタート”. ORICON NEWS. (2017年11月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2101478/full/ 2017年12月11日閲覧。 
  38. ^ “文化放送、週末ナイター今季は中継せず アニメ番組強化、ラジオに多様化の波”. デイリースポーツ. https://www.daily.co.jp/baseball/2019/02/21/0012084385.shtml 2019年2月21日閲覧。 
  39. ^ プロ野球 楽天/ソフトバンク/DeNA 生中継 - ニコニコインフォ 2012年3月27日
  40. ^ Bs主催公式戦全72試合を「ニコニコ生放送」で完全無料生中継! - オリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2014年2月20日
  41. ^ プロ野球 阪神タイガース今シーズン主催ファーム(2軍)戦 ニコニコ生放送で50試合生中継 - ドワンゴ 2016年3月7日
  42. ^ “プロ野球11球団の主催試合配信へ~DAZN新コンテンツ発表会”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2018年2月16日). https://www.daily.co.jp/baseball/2018/02/16/0010991534.shtml 2020年1月15日閲覧。 
  43. ^ “DAZN、巨人主催試合ライブ配信!23日オープン戦から”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2019年3月7日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20190307/gia19030705020001-n1.html 2020年1月15日閲覧。 
  44. ^ スカパー初、プロ野球12球団公式戦を全試合ネット配信へ,AV Watch,2019年2月27日
  45. ^ 日テレがプロ野球中継を「TVer」で初生配信 8・10巨人VSヤクルトなど4試合”. デイリースポーツ(2019年8月9日作成). 2019年8月11日閲覧。
  46. ^ 「TVer」で初のプロ野球中継の生配信が決定!”. テレビドガッチ(2019年8月9日作成). 2019年8月11日閲覧。
  47. ^ 有料プラン『イレブンスポーツ プロ野球プレミアム』3月1日(日)より会員登録開始”. PR TIMES (2020年2月21日). 2020年3月3日閲覧。
  48. ^ “日本シリーズ:第1戦と第2戦 地上波での全国中継はなし”. 毎日新聞. (2010年10月24日). オリジナルの2010年10月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101025031823/http://mainichi.jp/enta/sports/news/20101024k0000m050077000c.html 2010年10月24日閲覧。 
  49. ^ “史上初!日本シリーズ地上波全国中継なし”. 日刊スポーツ. (2010年10月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101024-693713.html 2011年2月15日閲覧。 
  50. ^ “日本S第6戦延長でフジ CMなくなった!午後11時からノンストップ放送”. スポーツ報知. (2010年11月7日). オリジナルの2010年11月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101107094835/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101107-OHT1T00069.htm 2011年2月15日閲覧。 

注釈編集

  1. ^ 1990年代のフジテレビは、最大30分の延長オプションでは試合終了まで中継できないことがあったことも踏まえて、中継開始を従来の19時から19時30分に繰り下げた上で、延長オプションを最大60分とした。
  2. ^ 1985年の日本シリーズでは、サンテレビも加えて民放2局が同時放送を行ったこともあった。
  3. ^ 例として、番組宣伝を兼ねて放送日の週に始まるテレビドラマの主演俳優が登場することがある。
  4. ^ 具体的には、中継に伴うレギュラー番組の休止、中継延長に伴う後番組の放送開始遅延・休止がある。
  5. ^ 延長放送の無い地上波全国放送での中継は、何れも無料BS放送へのトップ&リレーを実施している。
  6. ^ ナイター中継の場合、休止した全国ネットのレギュラー番組は、土曜・日曜午後の振替放送で対応する。
  7. ^ 県域放送局と球団本拠地を持つ埼玉県テレビ埼玉神奈川県テレビ神奈川千葉県千葉テレビが該当。これ以外では、東京都東京MXテレビでは、福岡ソフトバンクホークス主催試合中継を実施している。
  8. ^ 中継終了後の番組は生放送の番組が編成されることが多く、中継が延長したときでも裏送りが可能なことや、予定されていた中継が中止になっても、予備カードとして設定していた他球場の中継に切り替えることができる。

関連項目編集