ディスクジョッキー

ポピュラー音楽をラジオ番組などで選曲・操作する人、または演奏会場やクラブなどで来場者に音楽を聴かせる人

ディスクジョッキーdisc jockey)またはDJディージェイ)とは、ポピュラー音楽ラジオ番組などで選曲、操作する、または演奏会場やクラブ、ソフトなどで再生機器で客に聴かせる人物。 ディスクジョッキーのディスクはかつてはレコード盤のみを指していたが、その後CD、あるいはデジタルオーディオファイルといった音楽の記録媒体が増えている。

ナイトクラブのDJ Robert Hood

ラジオDJ 編集

 
かつてワシントン ペンシルベニア州に存在していたラジオ局、WKZVで働くラジオパーソナリティ。

ラジオDJ(トークが中心の者も含めた場合、ラジオパーソナリティ)は、主にラジオ放送局ラジオ番組で本人の選曲やリクエスト曲を流す人物・司会者を指す[1]。日本において12月28日はディスクジョッキーの日として一般社団法人 日本記念日協会に登録されている[2]ニッポン放送をキー局としていた番組、オールナイトジョッキーのラジオDJとして貢献した糸居五郎の命日でもある[3]

ヒップホップDJ 編集

1973年にニューヨークブロンクス区サウンド・システム活動を開始したジャマイカ移民であるクール・ハークヒップホップDJの普及者として知られる。クール・ハークが発見したブレイクビーツスクラッチ英語版などの技法が開発され、ヒップホップDJの独自性が高まっていった。

レゲエDJ 編集

レゲエにおけるDJの元祖は、1950年代末に登場したサー・ロード・コミック、カウント・マチューキらである[4]。元は他のジャンルと同じように選曲しイントロ部でその曲の紹介などを担当していたが、1960年代後半のU・ロイの登場以降はレコーディングに参加しトースティングラップを披露するようになっていった。他にビッグ・ユース、Iロイらがいた。現在はレゲエにおける「DJ」と言えば、一般的にはサウンド・システムなどでバージョンダブに合わせてトースティングする者を指す。他ジャンルにおけるDJと区別するため、「ディージェイdee jay)」と表記する場合があり、ディスクジョッキーと呼ばれることはない。他のジャンルにおけるDJにあたる者は、レゲエではセレクターselector)と呼ばれる。セレクターには独自のスタイルがあり、曲のフック(盛り上がり)部分で逆回転して止めてしまったり(「Pull up」、「Rewind」、「Come again」と呼ばれる)セレクター自身が発言したりする。

クラブやフェスにおけるDJ 編集

 
基本的な機器構成のひとつ。両サイドにTechnics SL-1200、中央にはDJ用ミキサーが設置されている。

クラブDJは、ナイトクラブディスコなどの会場で、最低2台またはそれ以上の再生機器と、ミキシング・コンソールを使い、片方の再生機器で曲を再生している間に、もう片方で次の曲の再生準備し、テンポや音量の調整を行い、タイミングを見計らいながら音を違和感なくクロスさせるミックス操作で曲の流れを止めることなく次の曲へと繋いでいく。その他サウンドエフェクトを駆使し、音楽を創り出す技術者のこと。

ロックDJ 編集

ロックバンドの中にはメンバーにDJを編成しているバンドが存在している。バンドにおけるDJの役割は音源再生の他、スクラッチやジャグリングなどを用いてパーカッションのような役割も担当する。サンプラーやドラムマシンなどの操作を兼任しているDJも多い。

CDJ 編集

 
DJ albert

CDJとは、DJ向けのCDプレーヤーを使ってDJをする者の通称。またAlphaTheta(旧:Pioneer DJ)[5]商標であり、DJ向けのデジタル再生機器の称呼[6][7]

モバイルDJ 編集

モバイルDJPCDJまたはPJとは、パーソナルコンピュータまたはスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を使ってDJをする者の通称。あるいは、結婚披露宴、会社のパーティー、学園祭など、様々なイベントに人材・機材などを持ち込みDJをする個人・団体のこと。後者は「出張DJ」とも称され、ビジネスモデルでもある[8]

ターンテーブリスト 編集

ターンテーブリズム英語版またはターンテーブリストは、クラブDJの基本技術に加え、ターンテーブルを楽器のように扱うパフォーマンスが主である。ターンテーブル上のレコード盤を手で止めたり、特定の部分だけリズミカルに反復再生し、独特のノイズを出すスクラッチング(またはスクラッチ、スクラブ)は基礎的な奏法のひとつである[9]
この技術を競い合う大会、DMC World DJ Championships英語版[10]やRed Bull 3Style[11]が存在する[12]

機材 編集

 
D&Dスタジオ内のDJプレミアの制作スペース

DJミキサー 編集

DJミキサー、またはミキシング・コンソールは、単にミキサー(以下「ミキサー」と略す)とも呼称される。この節ではクラブDJ向けのミキサーについて解説する。音声入出力は最低2台の再生機器からの入力とオプションにマイクなどからの入力、スピーカーへの出力とモニター用出力に分かれる。モニター出力は次の曲を準備、試聴するために利用するもので、メインであるスピーカー出力に混合せず、また遮ることなく曲の確認ができる特別なラインである。また横方向につまみが移動するクロスフェーダーを搭載し、表面中央下部に配置されているのが一般的である。このクロスフェーダーのつまみを中央に移動させると両方の再生機器で再生している音が混ざり、片側に移動させると片方の音が大きくなり、もう片方で再生している音は小さくなる[13][14]

ターンテーブル/レコードプレーヤー 編集

 
アナログターンテーブルを使用してスクラッチを行うピート・ロック

DJ向けのレコードプレーヤーは、ターンテーブルと呼称する事もある。一般的なレコードプレーヤーとの違いはターンテーブル部の機構が、ベルトドライブではなくダイレクトドライブである製品が一般的である。これはターンテーブルを手で止めて、盤を小刻みに送ったり戻したりするスクラッチプレイなどを前提としているため、ターンテーブルに直接モーターの力を伝えやすいダイレクトドライブが採用されている。また製品によってモータートルクが異なってくる。このほかに針圧の違い、ピッチ可変が広域である点が違いとして上げられる[15]ベスタクスがかつて販売していたクラブDJ向けターンテーブルには、現場での設置しやすさを考慮して本体を傾斜状態にできるものや±50%という極端なピッチ可変機構や逆回転機構が搭載される機材も存在した。

CDプレーヤー 編集

DJ向けCDプレーヤーの主な特徴として、プレーヤー上部にレコードプレーヤーのターンテーブルを模したデジタルコントローラが搭載され、これに触れ、回転させたりすることで音源を操作することができる。ターンテーブル部は基本的にモーターは無く、レコードプレーヤーのように自走することもないが、2004年6月21日にTechnicsが販売した、SL-DZ1200には自走するターンテーブルが搭載されていた[16][17]。機器によるが、ターンテーブルの上面に触れて回すと曲の送り戻しとスクラッチ操作、サイド部分に触れて回すと選曲操作ができる。このほかタイムコードなどを表示するモニター、ピッチを可変させるためのスライダーなどが搭載されている。

記録媒体は基本的にCD-DA規格のCDを用いる。機種によるが多機能化したプレーヤーはWAVMP3AACなどの音声ファイルフォーマットを扱えたり、USBポートを搭載し、USBメモリなどから音声ファイルを扱うことができる。

コントローラー 編集

DJ向けのコントローラーはターンテーブルを模したものが両サイドに二つ、ミキサーに実装されているようなスライダー、ボリュームのつまみ、各種汎用的なポタンなどが実装されている物が一般的である。コントローラーには実際のターンテーブルやミキサーとしての機能は無く、信号をコンピュータに送信し、ソフトウェアをコントロールさせることで成り立つ機器である。またほとんどのコントローラー機器はMIDI規格に沿い、USBで接続する。それ以外はHIDプロトコル(主にUSBが通信プロトコルとして利用してる名称)を利用する。

ソフトウェア 編集

PCDJ向けのオーディオプレーヤーは単に音楽を再生するだけではなく、ミキサー、ターンテーブル、エフェクトなどの機能を搭載したソフトウェアである。周辺機器はキーボードやマウスだけでもソフトウェアを操作することが可能であるが、一般的にはMIDIコントローラーと一緒に用いる。コンピュータが各ソフトウェアのシステム要件を満たせる性能であれば筐体は限定されることなく、環境や移動の有無に応じて異なる。

その他 編集

サンプラー
必須の機材ではないが、技法によって用いられることがある。
ヘッドフォン
通常は次の曲を準備するため、曲をモニター(試聴)する際に利用する。


脚注 編集

出典 編集

  1. ^ NHK 編『放送の五十年 昭和とともに日本放送出版協会、1977年3月30日、227 - 228頁。NDLJP:12275859/116https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/12275859 
  2. ^ www.kinenbi.gr.jpにて「ディスクジョッキー」とキーワード検索した結果に表示される記事。ディスクジョッキーの日”. 一般社団法人 日本記念日協会. 2021年1月5日閲覧。
  3. ^ 伝説のDJ・糸居五郎の初出し秘蔵音源で綴る、珠玉の洋楽ヒット曲集が発売決定!”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. 株式会社ニッポン放送 (2017年11月8日). 2021年1月5日閲覧。
  4. ^ Dennis Alcapone『Forever Version』 ライナーノーツ 2007年、Heartbeat
  5. ^ 社名変更のお知らせ”. AlphaTheta株式会社 (2019年12月27日). 2021年1月5日閲覧。
  6. ^ 商標照会”. 特許情報プラットフォーム. 2021年1月5日閲覧。 “登録番号 第5449038号”
  7. ^ 012082079 - CDJ” (英語). WIPO Global Brand Database. 世界知的所有権機関. 2020年1月27日閲覧。 “Serial number of the application : 012082079”
  8. ^ 英警官の副業率、生活苦で増加 ウーバー運転手、美容師、映画プロデューサーも」『The Telegraph』、2019年5月11日。2021年1月5日閲覧。オリジナルの2020年5月19日時点におけるアーカイブ。
  9. ^ DJ Qbertとは、どんなDJ?”. Red Bull (2015年9月15日). 2021年1月5日閲覧。
  10. ^ DMC World DJ Championships” (英語). Disco Mix Club. 2020年1月27日閲覧。
  11. ^ Red Bull 3Style” (英語). Red Bull. 2020年1月27日閲覧。
  12. ^ ターンテーブリズムと世界一のDJを決定する大会「DMC」について。彼らの想いとJapanファイナル”. Playatuner. Steezy株式会社 (2017年8月23日). 2021年1月5日閲覧。
  13. ^ 初心者DJ道場 ミキサーを知ろう”. OTAIRECORD. 2021年1月5日閲覧。
  14. ^ DJミキサー:進化の歴史”. Red Bull Music Academy (2019年6月14日). 2021年1月5日閲覧。
  15. ^ ターンテーブルの種類”. オーディオテクニカ (2023年8月6日). 2024年2月28日閲覧。
  16. ^ ダイレクトドライブ デジタルターンテーブル SL-DZ1200(生産終了)”. パナソニック. 2021年1月5日閲覧。
  17. ^ 松下電器、テクニクスブランドのDJ用CDプレーヤー”. AV Watch. インプレス (2004年4月9日). 2021年1月5日閲覧。

関連項目 編集