安能 務(あのう つとむ、1932年10月12日[1] - 2000年4月、生年は1922年[2]1925年説もあり[3])は、日本小説家日本統治時代台湾生まれ、香港大学卒。詳細なプロフィールは公表されなかった。

概要編集

1980年代後半から没するまで古代中国を舞台に長編の歴史小説演義)を著した。代表作は『封神演義』『隋唐演義』『三国演義』がある。一連の作品は、題名からして一見翻訳のように受け取られるが、著作の大半は原著者名の標記はなく、底本(タネ本と呼んでいる)に批判・薀蓄を組み込んでリライトした長編小説である。

作者自身は各作品の前書きにそれらの点について記載はしており、また学術的根拠の乏しさや登場人物の日本語ルビ振りで批判を受けるものの、中国人の思考や物の見方及びその習俗を分かり易く説明しており、これまでの「日本人の常識に基づいて翻訳された作品」とは一線を画している。

『八股(パクー)と馬虎(マフー)』「あとがき」で、自らの著作については、(中国人特有の、事実を重視しない文化のため)「一次資料」や「客観性」への疑問を提起した上で、自己の意見を述べるしかない、読者は数ある意見の一つとして受け取ってほしいと記している。

著作一覧編集

注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『始皇帝-中華帝国の開祖』文春文庫 表紙折り返しの著者紹介に、1932(昭和7)年、とある。
  2. ^ 『権力とは何か-中国七大兵書を読む』 文春新書 1999年の奥付けのプロフィルに1922年とある。
  3. ^ 韓非子』(上下) 文春文庫 2000年 表紙折り返しの著者紹介に1925(大正14)年とある。