メインメニューを開く

安藤 英治(あんどう ひではる、1921年3月3日 - 1998年12月17日)は、日本の社会学者成蹊大学名誉教授マックス・ヴェーバーの研究者であった。東京出身。

あんどう ひではる
安藤 英治
生誕 (1921-03-03) 1921年3月3日
日本の旗 日本 東京都
死没 (1998-12-17) 1998年12月17日(77歳没)
日本の旗 日本 東京都
出身校 慶應義塾大学
職業 社会学者

人物編集

社会思想史面や人物としてのヴェーバー研究を行った。また剣道家で、成蹊大学剣道部の顧問を務めた。ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(大塚久雄訳、岩波文庫)精読を、竹刀の素振りにも喩えている(なお晩年接した弟子によると、読み潰し3冊目を買い直していた)[要出典]。ゼミの指導学生に杉原哲彦(元東亜大学教授)などがいる[1]

略歴編集

  • 1944年 慶應義塾大学経済学部卒
  • 1969年 - 1970年 マックス・ウェーバー研究所へ客員教授として留学
  • 成蹊大学経済学部助教授、教授
  • 1987年 定年退任、名誉教授

著作編集

  • 『マックス・ウェーバー研究 エートス問題としての方法論研究』未來社 1965、新装版1994 
  • 『ウェーバー紀行』岩波書店 1972
  • 『ウェーバーと近代 一つの社会科学入門』創文社 1972
  • 『人類の知的遺産62 マックス・ウェーバー』講談社 1979
  • 『ウェーバー歴史社会学の出立 歴史認識と価値意識』未來社 1992

共編著編集

  • 「マックス・ヴェーバーの思想像』 内田芳明住谷一彦らと編著 新泉社 1969
  • 『ウェーバー プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(編著) 有斐閣新書 1977

翻訳編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「杉原 哲彦 君のこと」安藤ゼミ同窓会ミ