メインメニューを開く

石上 良平(いしがみ りょうへい、1913年 - 1982年)は、日本政治学者1936年東京帝国大学経済学部卒。1949年成蹊大学政経学部教授1967年、退職。

著書編集

共編著編集

翻訳編集

  • ブスケ『蘭領印度に於ける回教政策と植民政策』桃井京次共訳 中央公論社 1941 太平洋問題研究叢書
  • J・S・ミル『学問の理想』みすず書房 1948
  • カール・ベッカー『現代民主主義論』関嘉彦共訳 社会思想研究会出版部 1948 のち現代教養文庫 
  • J.S.ミル『社会主義論 遺稿』社会思想研究会出版部 1950
  • ジヤック・バルザン『人間の自由』中央公論社 1951
  • ハロルド・ラスキ『ヨーロッパ自由主義の発達』みすず書房 1951
  • H.J.ラスキ『国家 理論と現実』1952 岩波現代叢書
  • J.H.ハロウェル『イデオロギーとしての自由主義の没落』創元社 1953 現代社会科学叢書
  • E・H・カーカール・マルクス その生涯と思想の形成』未来社 1956
  • ハロルド・ラスキ『フランス革命社会主義安藤英治共訳 創文社 1956
  • グレーアム・ウォーラス『政治における人間性』川口浩共訳 創文社 1958 名著翻訳叢書
  • J.H.プラム『イタリア・ルネサンス その歴史と文化の概観』1968 筑摩叢書
  • エメリ・ネフ『カーライルとミル ヴィクトリア朝思想研究序説』未来社 1968
  • ダントレーヴ『国家とは何か 政治理論序説』みすず書房 1972

外部リンク編集