メインメニューを開く

安部 信発(あんべ のぶおき)は、江戸時代後期の大名安部氏24代当主。武蔵国岡部藩13代藩主、後三河国半原藩主。維新後、半原知藩事

 
安部 信発
Annbe Nobuoki.jpg
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 弘化3年12月19日1847年2月4日
死没 明治28年(1895年9月6日
改名 錦吉(幼名)→信発
墓所 東京都渋谷区広尾の祥雲寺
官位 従五位下摂津守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜
武蔵岡部藩主→三河半原藩
氏族 米倉氏安部氏
父母 米倉昌寿養父安部信宝
兄弟 朽木紘綱米倉昌言池田頼誠米倉昌慧信発米倉正直米倉昌邦本多助実継室、恒子(朽木為綱正室)
正室安部信宝の養女安部信方の娘)
安部修正室
養子信順安部関次郎子)

生涯編集

弘化3年(1847年)、武蔵六浦藩の第7代主・米倉昌寿九男として誕生

文久3年(1863年)9月11日、岡部藩12代主・安部信宝死去したため、その末期養子となって家督を継いだ。同年9月23日、第14代将軍・徳川家茂拝謁する。同年12月26日、従五位下・摂津守に叙任する。元治元年(1864年)、天狗党の乱鎮圧に参加した。元治2年(1865年)、日光祭礼奉行を命じられる。

慶応4年(1868年)3月17日、上洛し、新政府へ恭順の姿勢を示す。同年4月3日、新政府に対して、武蔵の所領だけでは藩士に対して知行を与えるのが困難であるとして、三河国八名郡半原[1]藩庁を移すことを願った。同年4月14日、許可された。以後、半原藩と称した。同年閏4月7日、京都を出発し、半原に向かった。

明治2年(1869年)の版籍奉還で半原知藩事に任じられ、明治4年(1871年)の廃藩置県免職された。明治28年(1895年)9月、死去。

脚注編集

  1. ^ 現・新城市富岡。