池田謙斎

池田謙斎

池田 謙斎(いけだ けんさい、1841年12月22日天保12年11月10日) - 1918年大正7年)4月30日)は、明治時代医者で、日本の近代医学の礎を築いた人物。医学博士華族男爵)、宮中顧問官錦鶏間祗候

経歴編集

1841年、入沢健蔵の次男として越後国に生まれる。緒方洪庵の養子となり[1]、その後、当時幕府付の医員であった池田多仲の養嫡子となり、適塾へ入学し、1862年に西洋医学所へ入学した。1864年、長崎の精得館で邂逅したオランダの医学者ボードインに師事する。1868年、江戸に戻った後は小典医として医業に従事。明治維新の際に病院医師試補に挙げられ病院医師となる[1]

プロイセン王国への留学を命じられ[1]、1870年よりベルリン大学へ留学、1876年に帰国し、陸軍軍医監、三等侍医、東京医学校長を経て、翌年1877年には医学校と東京開成学校の統合により設立された東京大学の初代医学部綜理に就任( - 1881年頃)した。1888年に日本では初となる医学博士号を受けた。二等侍医を兼ね侍医局長官となったのち、陸軍一等軍医正となり[1]、それらの功績から1898年には男爵の爵位が授けられ華族に列した。1898年2月14日、錦鶏間祗候を仰せ付けられ[2]、1902年には宮中顧問官となる。戊辰戦争西南戦争日清戦争などでは従軍医として活躍した。1918年死去。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家 時事新報 1916.3.29-1916.10.6(大正5)、神戸大学新聞記事文庫
  2. ^ 『官報』第4383号、明治31年2月15日。
  3. ^ 『官報』第1351号「彙報 - 官庁事項 - 褒章 - 黄綬褒章下賜」1887年12月28日。
  4. ^ 『官報』第1473号「叙任及辞令」1888年5月30日。
  5. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  6. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  7. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  8. ^ 『官報』第1001号「叙任及辞令」1915年12月2日。