安部 光恭(あべ みつやす、1930年昭和5年)8月23日 - 2000年平成12年)12月13日)は日本のジャーナリスト僧侶仏光寺住職、元静岡第一テレビ常務。第3回菊池寛賞受賞。

略歴編集

1930年(昭和5年)8月23日、静岡県伊東市に生まれる。立正大学文学部を卒業後、松田竹千代の秘書を経て、昭和27年に読売新聞嘱託記者として入社する。1954年(昭和29年)3月、第五福竜丸ビキニ被爆事件をスクープし、読売新聞の正社員となる。そのスクープにより、1955年(昭和30年)に第3回菊池寛賞を受賞する。1969年(昭和44年)に退社し、木部佳昭の秘書、仏光寺副住職などを経て、1979年(昭和54年)に静岡第一テレビに入社する。1985年(昭和60年)に取締役1991年(平成3年)に常務、1993年(平成5年)に顧問を歴任し、その後、仏光寺の住職を務める。

参考編集

外部リンク編集