メインメニューを開く

官職秘抄』(かんしょくひしょう)は、鎌倉時代初期の正治2年(1200年)頃に平基親によって書かれた有職故実の解説書。全2巻。

仁和寺門跡である守覚法親王の質問を受けて、従三位兵部卿であった基親が著したと言われている。主に官職の呼称と変遷、それに就くための家格・経歴について論じている。特に院政期についての事情などについては詳細である。

官職について解説する現存最古の書籍である。また、才覚よりも家格を官職就任の最優先の要件とするという見解は、南北朝時代北畠親房による一連の著作とも共通しており、親房は同書の影響を受けたとする見方もある。

翻刻編集

  • 「官職秘鈔」上・下 『群書類従』第5輯 続群書類従完成会、1997年。