定山祖禅(じょうざん そぜん)は、鎌倉時代末期から南北朝時代臨済宗

定山祖禅
永仁6年 - 応安7年/文中3年11月26日
1298年 - 1374年12月29日
生地 相模国
宗旨 臨済宗
双峰宗源
弟子 益翁祥学劫外源春[1]
著作 『続釈書』[2]
テンプレートを表示

経歴・人物編集

はじめ京都東福寺双峰宗源の室に入り、その法を嗣ぐ[2]筑前承天寺、京都東福寺、南禅寺などの住持を歴任した[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 人名規範資料庫、2019年1月22日閲覧。
  2. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『定山祖禅』 - コトバンク