メインメニューを開く

歴史編集

仁治3年(1242年)、大宰少弐武藤資頼円爾(弁円、聖一国師)を招聘して創建。創建にあたっては謝国明商人が多く援助した。寛元元年(1243年)、官寺となる。

伽藍編集

仏殿覚皇殿」、方丈開山堂などがある。方丈の前には石庭「洗濤庭」が広がる。墓地には新派俳優川上音二郎や、宋で織物技術を学び博多織を始めた満田弥三右衛門らの墓がある。

境内は市道によって北東と南西に分かれる。これは昭和38年(1963年)の博多駅移転に伴う区画整理事業によって通されたもので、このため山門や仏殿は南西側、本堂や墓地などは北東側に分断されている。

博多千年門編集

 
博多千年門(はかたせんねんのもん)

2014年3月28日、承天寺通りの一角に新たな博多のシンボルとなる博多千年門(せんねんのもん)が完成した。千年門は古文書に登場する博多の出入り口「辻堂口門(つじのどうぐちもん)」をモデルにした木造瓦ぶきの四脚門。高さ、幅ともに約8メートルで、博多の街の未来千年の繁栄を願って命名された。通りのうち寺の境内に挟まれた約150メートルには、マツモミジ自然石が配置され、庭園のような趣となっている。扁額は太宰府天満宮西高辻宮司による揮毫である。[1][2]

文化財編集

 
鐘楼(福岡市有形文化財)
 
「饂飩蕎麦発祥之地」(左)と「御饅頭所」の石碑

重要文化財編集

福岡市指定有形文化財[3]編集

 
唐門

その他編集

  • 饂飩蕎麦発祥之地」の石碑 – 仁治2年(1241年)に円爾が宋から帰国した際に技術を持ち帰った。
  • 「御饅頭所」の石碑 – 円爾が宋から持ち帰った饅頭の製法を茶店に伝え、与えた看板(虎屋所蔵)の文字を彫っている。
  • 「満田彌三右衛門之碑」 – 円爾とともに宋に渡り、織物麝香素麺金箔の製法を持ち帰った。
  • 山笠発祥之地」の石碑

脚注編集

関連項目編集