宣穆劉皇后(せんぼくりゅうこうごう、? - 409年)は、北魏道武帝の夫人(側室)で、明元帝拓跋嗣の生母。皇后として追尊された。

生涯編集

匈奴独孤部の酋長の劉眷の娘として生まれた。兄は劉羅辰

登国初年、魏王拓跋珪(後の道武帝)にとついで夫人(側室)となり、華陰公主を生んだ。391年(登国6年)、拓跋嗣を生んだ。後に後宮を取り仕切るようになって寵愛を受けた。

金人の鋳造を命じられて完成しなかったため、皇后位に登ることはなかった。拓跋氏の風習では、後宮で生まれた子が後嗣となると、その母はみな死を賜ることとなっていた。409年天賜6年)7月、旧法にしたがって死去した。同年(永興元年)10月、明元帝により「宣穆皇后」の諡号が贈られて追尊された。

伝記資料編集