メインメニューを開く

室井 照平(むろい しょうへい、1955年9月28日 - )は、日本政治家福島県会津若松市長(3期)。元福島県議会議員(1期)。元会津若松市議会議員(2期)。

室井 照平
むろい しょうへい
生年月日 (1955-09-28) 1955年9月28日(64歳)
出生地 福島県会津若松市
出身校 東北大学経済学部経営学科
前職 福島県議会議員
所属政党無所属→)
自由民主党→)
無所属
公式サイト むろい照平

当選回数 3回
在任期間 2011年8月7日 - 現職

選挙区 会津若松市・北会津郡選挙区
当選回数 1回
在任期間 2006年11月13日 - 2007年4月29日

Flag of Aizuwakamatsu, Fukushima.svg 会津若松市議会議員
当選回数 2回
在任期間 1999年4月30日 - 2006年10月5日
テンプレートを表示

来歴編集

福島県会津若松市出身。会津若松市立謹教小学校、会津若松市立第三中学校、福島県立会津高等学校卒業。1978年(昭和53年)3月、東北大学経済学部経営学科卒業。同年4月、北海道拓殖銀行に入行。1980年(昭和55年)、帰郷し家業の室井商店を継ぐ[1]

1999年(平成11年)4月、会津若松市議会議員選挙に無所属で出馬し、初当選。2003年(平成15年)4月、同市議選に2期目の当選。2006年(平成18年)10月5日、市議を辞職[2]

2006年(平成18年)11月12日執行の福島県議会議員補欠選挙に、自由民主党公認で会津若松市・北会津郡選挙区から出馬し、当選。2007年(平成19年)4月8日執行の県議選に2期目を目指して出馬するも、落選。

2011年(平成23年)8月7日執行の会津若松市長選挙に無所属で出馬。元河東町長の栗城春夫を破り、初当選。得票数は、室井:30,887票、栗城:27,824票。投票率は、59.99%だった。同日、市長に就任[3]

2015年(平成27年)7月19日告示の市長選では無投票で再選[4]

任期満了に伴う市長選への3選出馬表明後、2019年(平成31年)4月9日、市議の阿部光正が出馬の意向を表明し[5]、7月には元県議会議長の平出孝朗が出馬の意思を固めた[6]。8月4日執行の市長選で、庁舎建て替え計画を見直しを訴える平出[7]、阿部らを破り3選。投票率は過去最低の53.41%。

脚注編集

外部リンク編集