メインメニューを開く

室賀 信俊(むろが のぶとし、生年不詳 - 1575年天正3年〉)は、戦国時代武将信濃国室賀城主。室賀盛清の子。通称・兵部大輔、山城守。初名は経俊、行俊、盛清。法名一葉軒

略歴編集

室賀氏は北信濃の国衆で、清和源氏頼清流の系統である村上氏の一門屋代氏の支族であり、惣領家村上義清に従っていた。

1553年天文22年)、義清が甲斐国の武田晴信(武田信玄)に敗れて越後国の長尾景虎(上杉謙信)のもとへ走ると、そのまま晴信に降るとともに晴信より「信」の字を賜り、それまでの経俊から信俊へ改名した。

以後は1561年永禄4年)の川中島の戦いを始め、各地を転戦した。

家督を一族の屋代正重の子・満正(一葉斎禅松)に譲って隠居した後、1575年(天正3年)に没した。

参考文献編集

  • 大石泰史「全国国衆ガイド」2015年 講談社