室賀 正信(むろが まさのぶ)は、江戸時代旗本

 
室賀正信
時代 江戸時代
生誕 不詳
死没 天和2年9月22日1682年10月22日
別名 源七郎(通称)、清霜(法名)
墓所 東京都新宿区宗参寺
幕府 江戸幕府 小姓組番士
氏族 中山氏室賀氏
父母 父:中山直定、養父:室賀正俊
兄弟 中山直守中山直張中山直次室賀正信
室賀正俊の娘
室賀正次、娘(室賀正俊養女、嶋一信室)、娘(今井兼豊室)、娘(中山直好室)
テンプレートを表示

中山直定の四男。室賀正俊の娘を娶り、婿養子となる。子に正次がいる。通称は源七郎。

寛文3年(1663年)2月23日、将軍徳川家綱に拝謁し、同年12月12日岳父から武蔵国賀美郡児玉郡幡羅郡榛沢郡のうちに1200石を分知される。寛文6年(1666年)12月14日小姓組の番士に列する。天和2年(1682年)9月22日死去。法名は清霜。早稲田の宗参寺に葬られた。

参考文献編集