室賀 正俊(むろが まさとし)は、江戸時代旗本館林藩附家老屋代秀正の次男として生まれ、室賀満俊の養子となる。室は上田重秀の娘。子に女子(室賀正信室)、室賀正勝、女子(佐野政信室)、女子(舟橋玄恂室)。婿養子に室賀正信。

 
室賀 正俊
時代 江戸時代
生誕 慶長15年(1610年
死没 延宝9年4月22日1681年6月8日
別名 源七郎(通称)
諡号 意休(法名)
墓所 宗参寺東京都新宿区
官位 従五位下、下総守
主君 徳川家光徳川綱吉
氏族 屋代氏室賀氏
父母 父:屋代秀正、養父:室賀満俊
兄弟 屋代忠正室賀正俊
上田重秀の娘
娘(室賀正信室)、室賀正勝、娘(佐野政信室)、娘(舟橋玄恂室)
養子:室賀正信養女(正信の娘、嶋一信室)
テンプレートを表示

元和7年(1621年)より将軍徳川家光に仕える。寛永3年(1626年)、養父・満俊の遺跡を継いで1000石を知行し、小姓組番士となる。寛永10年(1633年)に200石を加増。寛永16年(1639年)に小十人頭となる。慶安元年(1648年)に家光の子の館林藩主徳松(徳川綱吉)の附家老とされ、武蔵国上野国内の1800石を加増されて所領が3000石となる。承応2年(1653年)従五位下、下総守に叙任。寛文元年(1661年)、武蔵国・上野国内で更に4200石を加えられ、7200石を知行する。寛文3年(1663年)、1200石を婿養子・正信に分知し、致仕。天和元年(1681年)に72歳で死去[1]

嫡男正勝の時、綱吉が将軍になると幕臣に復し、子孫は5500石の大身の旗本として存続した。養子の正信は中山直定の四男で、正俊の娘を娶り別家を創設した。

脚注編集

  1. ^ 寛政重修諸家譜』巻第二百三十八