メインメニューを開く

宮ヶ瀬村(みやがせむら)は、神奈川県の北西に位置した愛甲郡にかつてあったである。1956年9月30日煤ヶ谷村と合併して清川村となった。現在の住所表示は愛甲郡清川村宮ヶ瀬となっている。 当時の集落は宮ヶ瀬ダム建設でほとんど水没してしまった。現在は宮ヶ瀬湖があり、観光スポットとなっている。

宮ヶ瀬村
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 新設合併
宮ヶ瀬村煤ヶ谷村清川村
現在の自治体 清川村
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
愛甲郡
総人口 937
(国勢調査人口、1955年10月1日)
隣接自治体 津久井町愛川町、煤ヶ谷村、山北町
宮ヶ瀬村役場
所在地 神奈川県
座標 東端:東経139度15分22.8秒
西端:東経139度09分57.7秒
南端:北緯35度27分16.5秒
北端:北緯35度33分01.5秒
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

歴史編集

教育編集

  • 清川村立宮ヶ瀬中学校
  • 清川村立宮ヶ瀬小学校

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集