メインメニューを開く

宮久 三千年(みやひさ みちとし、1928年 - 1983年2月6日)は、日本地球科学者。専門は鉱床学鉱物学大分県生まれ。

経歴編集

旧制第七高等学校造士館を経て、1952年九州大学理学部地質学科を卒業。その後、九州大学工学部採鉱学科応用地質学講座の木下亀城の指導を受け、1957年3月まで大学院に在籍。1957年5月、愛媛大学文理学部助教授として赴任し、1969年に同大学理学部教授に昇進。1980年4月以降、病気療養のため休職した。「尾平式鉱床に伴う鉱石鉱物の組織と共生」[1]により、1962年、九州大学より工学博士の学位を取得。

業績編集

卒業論文以来、一貫して大分県尾平鉱床地域を中心とした九州地方の各種金属鉱床の研究に精力を傾け、数多くの論文を発表した。また、1962年頃から、愛媛大学に在籍したことにより研究の対象や地域が拡がり、四国各地の各種金属鉱床の調査・研究を行うと共に、道後温泉及び周辺の温泉・鉱泉水源の調査など、応用地質学的な分野でも多くの報文を発表した。詳細な野外調査に基づいて、調査地域の重要な地質学的関係を記述し、また反射顕微鏡などを駆使して多くの新産・希産鉱物を記載したことでも知られる。また一般鉱物愛好家の啓蒙にも尽力し、解説書などを出版した。 2011年に大分県下払鉱山で発見された新鉱物、宮久石(Miyahisaite, (Sr,Ca)2Ba3(PO4)3F)[2]は、宮久の業績を顕彰するために命名されたものである[3]

主な著書編集

  • 木下亀城・宮久三千年『日本地方鉱床誌』、「九州地方」、1961年、朝倉書店
  • 松本達郎野田光雄・宮久三千年『日本地方地質誌』、「九州地方」、1962年、朝倉書店。
  • 渡辺武男沢村武雄・宮久三千年『日本地方鉱床誌』、「四国地方」、1973年、朝倉書店。
  • 宮久三千年・皆川鉄雄『鉱物採集の旅』(2)、「四国・瀬戸内編」、1975年、築地書館
  • 宮久三千年・足立富男『鉱物採集の旅』(4)、「九州南部編」、1977年、築地書館。

参考文献編集

  • 広渡文利「追悼 宮久三千年氏の逝去を悼む」、『鉱山地質』、33巻、1983年、292-293頁。

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース。
  2. ^ Miyahisaite”. Stefan Schorn. 2012年5月11日閲覧。
  3. ^ Nishio-Hamane, D., Ogoshi, Y. and Minakawa, T. (2012): Miyahisaite, (Sr,Ca)2Ba3(PO4)3F, a new mineral of the hedyphane group in the apatite supergroup from the Shimoharai mine, Oita Prefecture, Japan., Jour. Mineral. Petrol. Sci., 107, 121-126., doi:10.2465/jmps.110901

外部リンク編集