メインメニューを開く

宮台 朝直(みやだい ともなお、1930年(昭和5年) - )は、日本物理学者理学博士北海道大学)。専門は実験物理学。北海道大学名誉教授。元道都大学短期大学部学長神奈川県出身。

1953年東京教育大学理学部物理学科卒業。日本電信電話公社電気通信研究所に入所。1962年(昭和37年)北海道大学理学部講師1963年(昭和38年)同理学部助教授1981年(昭和56年)同理学部教授。1993年北海道大学停年退官。同名誉教授。道都大学美術学部教授。2000年道都大学短期大学部学長に就任。2002年同学長退任。道都大学美術学部教授。2005年道都大学退職。

1962年 東京教育大学 理学博士 論文は「希土類・鉄・ガーネットの強磁性共鳴」[1]

著書編集

  • 『力​と​運​動』(培​風​館、1987年)
  • 水谷寛, 渡辺昂と共編『物​理​学​基​礎​実​験』(学​術​図​書​出​版、1975年改訂版・1971年初版)

参考文献編集

『北海道人物・人材リスト 2004 なーわ』(日外アソシエーツ編集・発行、2004年)

先代:
櫻井政経
道都大学短期大学部学長
第6代: 2000年 ‐ 2002年
次代:
-

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース