メインメニューを開く

宮城野錦之助

江戸時代に活躍した元大相撲力士

宮城野 錦之助(みやぎの にしきのすけ、延享元年(1744年) - 寛政10年6月5日1798年7月18日))は、陸奥国江刺郡(現在の岩手県奥州市)出身で佐野山部屋所属の江戸時代に活躍した元大相撲力士。本名は、小島大八(こじま だいはち)。体格は身長182cm、体重116kg。最高位は関脇

来歴編集

初土俵は明和3年(1766年)10月場所だが、安永10年(1781年)3月になって新入幕。仙台藩のお抱えで、仙台に広がる宮城野の名前をそのまま四股名とした。人柄が良く人望を集めた。また、立合いが上手く、待ったをしなかった力士だと言われている。寛政8年(1796年)3月場所が最終場所となったが、これは52歳で幕内に在位していたということになるため、記録がはっきりしているうちでは最高齢記録といわれている。

年寄宮城野の初代を名乗った。

宮城野錦之助の孫編集

宮城野錦之助の孫の喜七は刀匠を職業としていたが、相馬大作事件に関係し、その功績により弘前藩に武士として200石で仕官することになる。

関連項目編集