メインメニューを開く

宮崎県立芸術劇場(みやざきけんりつげいじゅつげきじょう)は、宮崎県宮崎市に位置する舞台芸術施設である。愛称は『メディキット県民文化センター』。パイプオルガンが設置されているアイザックスターンホールと演劇ホールを主とする。優良ホール100選に選ばれている。

宮崎県立芸術劇場
宮崎県立芸術劇場
地図
情報
正式名称 宮崎県立芸術劇場
開館 1993年
客席数 1818席(アイザックスターンホール)
延床面積 21,999m²
運営 財団法人宮崎県立劇場
所在地 880-8557
宮崎県宮崎市船塚3丁目210番地
位置 北緯31度55分59.2秒 東経131度25分11.1秒 / 北緯31.933111度 東経131.419750度 / 31.933111; 131.419750座標: 北緯31度55分59.2秒 東経131度25分11.1秒 / 北緯31.933111度 東経131.419750度 / 31.933111; 131.419750
アクセス 日豊本線宮崎神宮駅 西へ徒歩10分
外部リンク 公式サイト

目次

施設編集

アイザックスターンホール編集

シューボックスタイプ(直方体)のステージの背後には66ストップを有するパイプオルガンが設置されており、客席数1818席のオーケストラ専用ホールとして設計されている。一部可変のオーケストラひな壇4段が常設されている。

内装には宮崎県産のケヤキミズメザクラが使用されている。

名称については当初はただコンサートホールとされていたのだが、宮崎国際音楽祭においてアイザック・スターンが関わったことより名称変更されている。

演劇ホール編集

演劇の上演を主眼に置かれて施設されている。客席数はオーケストラピットを未使用時は1112席、使用すると974席である。残響を強化するために音響反射板の設置も可能となっている。

イベントホール編集

多目的ホールとして施設されている。客席数は移動席だが300席を設置できる。残響を強化するために音響反射板の設置も可能となっている。

そのほか編集

  • 練習場
  • 資料閲覧室

催し編集

命名権編集

宮崎県は、収入源拡大の手段として命名権(ネーミングライツ)を販売していたが、2008年1月11日に、宮崎県内を発祥とする医療機器の製造・販売を業務とする企業、メディキットが取得することが決定した。

2008年4月から、愛称が「メディキット県民文化ホール英称MEDIKIT ART CENTER)」となる。契約期間は同年4月1日からの3年間。年間2千万円を支払う[1]

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 県立芸術劇場の命名権 メディキットに決定 宮崎日日新聞 2008年1月12日報道

関連項目編集

外部リンク編集