メインメニューを開く
『RADIO NEWS』の表紙(1928年)
家具調ステレオとも呼ばれた「セパレート型ステレオ

家具調(かぐちょう)とは、デザインの一つの呼称。天然木もしくは化粧合板などによる木目調が用いられるのが特徴。

目次

家電製品編集

家電製品においては、家具調テレビが、まず挙げられる。

1965年(昭和40年)10月に発売された松下電器(現・パナソニック)の「嵯峨」は、家具調テレビの典型として、その後の他社のデザインにも影響を与えたとされている[1]

かつて、木(茶色系)を用いていたものが主流だった時期は、「ホワイトグッズ(白物家電)」に対して、テレビなどは「ブラウングッズ」という呼び方もされたという[2]。白物でも、炊飯器冷蔵庫には、木目調が取り入れられたものも一部あった[3]

こたつ編集

社団法人日本家具工業連合会によると、家具調こたつに、定義はないという。一年中テーブルとしても活用できるものが対象となることが多いが、その中でも「デザイン性の高いテーブル」や「木製であるもの」を、メーカーや販売店などが独自の基準で呼んでいるのが現状とのこと[4]

脚注編集

  1. ^ 日本におけるテレビ受像機のデザイン変遷と家具調テレビの成立に関する研究 増成和敏 p.70
     『G マーク40 年スーパーコレクション』(日本産業デザイン振興会,1996)p21
     『テレビ We are TV's children』(伊藤俊治,INAX 出版,1988)
     『図説 東京流行生活』(新田太郎,河出書房新社)p.143
  2. ^ 20 世紀後半~現在まで・日本の流行色の変遷
  3. ^ 日本におけるテレビ受像機のデザイン変遷と家具調テレビの成立に関する研究 増成和敏 pp.101-102
  4. ^ 「家具調こたつ」というあいまいな名前について - エキサイトニュース(Excite Bit コネタ)

外部リンク編集

関連項目編集