メインメニューを開く

家高 康彦(いえたか やすひこ)は、日本格闘技ジャーナリスト千葉県出身。早稲田大学卒。自身も極真空手及び養神館合気道の経験を持つ。尚、極真空手は初段を取得している[1]

目次

人物編集

福昌堂発行の雑誌「月刊空手道」の編集部を経て、大学時代の友人・小島一志らと共に夢現舎の創設メンバーとなり、雑誌「月刊武道空手」副編集長として活躍するが、後に退社。1994年4月、大山倍達死去による極真会館の分裂騒動において、遺族派に招かれしばらく行動を共にする。遺族派の崩壊後も独自に同騒動を調査し、2006年「極真大乱」を発表し注目される。


主な著書編集

脚注編集

  1. ^ 『極真カラテ総鑑』 “国際空手道連盟 極真会館 年度別昇段登録簿(国内)” (株式会社I.K.O 出版事務局) p.64

関連項目編集

外部リンク編集