メインメニューを開く

富士山(ふじやま)は、秋田県秋田市にあるである。地名から明田富士(みょうでんふじ)と通称される。標高は35m。

富士山
Mt.Fuji in Akita City.jpg
富士山
標高 35 m
所在地 日本の旗 日本 秋田県秋田市東通明田
位置 北緯39度42分27秒
東経140度07分57秒
座標: 北緯39度42分27秒 東経140度07分57秒
富士山の位置(秋田県内)
富士山
富士山
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

地理編集

秋田駅東口から南へ徒歩10分ほどの位置に聳え、周辺は楢山明田近隣公園として整備されている(旧地名が「楢山字明田」である)。日本山岳会により「日本一低い富士山」と認定され、山頂にその旨を記した標柱があるが、南側の金照寺山を除いて近隣に高い山・建物などが無いため、山頂から秋田市の市街地を広く望むことが出来る。

中腹には明田稲荷大明神、山頂には富士大権現が祭られている。

歴史編集

鎌倉時代と推定される頃、富士太郎(六郎とも)という豪族の館があったという。当時から山頂で富士権現を祭っていたと伝わり、山名の由来になったものと考えられている。[1]

江戸時代久保田藩主の佐竹義宣久保田城を築城する際、城下町建設のための土盛りに、富士山を削った土を用いた[2]。明治以降になっても低湿地埋め立てのための土取りは続き[2]、現在の山は往時の1/4程度しか残っていないという[3]

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 登山道入口の案内板より。
  2. ^ a b 「図説 久保田城下町の歴史」pp.81-82。
  3. ^ おらが富士 日本各地の「富士山」 - 明田富士

外部リンク編集