メインメニューを開く

富山土人形(とやまつちにんぎょう)とは、土で作った素焼きの人形で、富山藩時代より続く富山県伝統工芸玩具である。

江戸時代の頃、名古屋の陶工である広瀬秀信が、富山藩主前田利保土人形を献上したのが始まりといわれる。2007年(平成19年)のお年玉付き年賀切手のデザインモチーフとして採用された。

参考事項編集

  • 土人形-つちにんぎょうclay doll ,各地の土人形の説明

関連項目編集

外部リンク編集