メインメニューを開く

寺崎 修(てらさき おさむ、1945年12月24日[1] - )は、日本歴史学者政治学者慶應義塾大学名誉教授、武蔵野大学元学長。専攻は日本政治史・日本政治思想史。

目次

略歴・人物編集

石川県七尾市出身[1][2]

世田谷区立烏山北小学校成蹊中学校・高等学校、1968年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1970年同大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。1987年慶大法学博士

1977年中部女子短期大学専任講師。1978年駒澤大学法学部専任講師、1982年助教授、1988年教授。 1997年慶大法学部教授、2008年名誉教授。同年武蔵野大学学長、2016年退任[3]。慶應義塾福沢研究センター副所長、社団法人福沢諭吉協会常務理事、日本政治学会理事及び日本法政学会理事などを歴任。

実家は浄土真宗本願寺派の寺院で、大学教員と住職を兼務していた[4]

著書編集

単著編集

  • 『明治自由党の研究』上・下(慶應通信, 1987年)
  • 自由民権運動の研究 急進的自由民権運動家の軌跡』(慶應義塾大学法学研究会, 2008年)

編著編集

  • 『近代日本の政治』(法律文化社, 2006年)
  • 福沢諭吉の思想と近代化構想』(慶應義塾大学出版会, 2008年)

共編著編集

  • 玉井清)『戦前日本の政治と市民意識』(慶應義塾大学出版会, 2005年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.267
  2. ^ 『法学研究』82巻2号
  3. ^ 最終講義(H27年度)- 武蔵野大学
  4. ^ 『産経新聞』2011年8月17日