小さないのちを守る会

小さないのちを守る会: Pro-Life Japan)は、1984年6月に設立された、福音主義聖書信仰に立ったプロライフ非営利組織

小さないのちを守る会
設立 1984年5月28日
設立者 辻岡健象
本部 東京都千代田区神田駿河台2-1-208
お茶の水クリスチャンセンタービル2階)
代表 辻岡健象
ウェブサイト https://www.prolifejapan.com
テンプレートを表示

活動編集

  1. 中絶防止活動。十戒の「殺してはならない」に基づいている。
  2. 養子縁組の世話。血縁よりも愛情を大切にする神の家族を理想としている。
  3. 中絶体験者に福音を伝えて、完全な救いを提供する。
  4. 聖書に基づいた生命と性の啓蒙教育を行う。

沿革編集

辻岡健象牧師により設立。「今、日本では中絶によって胎児が殺されている。サマリヤ人となって助けるのはだれか」という神の迫りを感じたという。赤ちゃんあっせん事件で知られる母体保護法指定医師だった菊田昇医師らの国会での証言など[1]を機に、1988年特別養子制度が成立。山形支部会長は川崎廣

年表編集

参考文献編集

  • 『新キリスト教辞典』いのちのことば社、1991年
  • 『小さな鼓動のメッセージ』辻岡健象 いのちのことば社

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 参議院会議録情報第071回国会 法務委員会 第6号
  2. ^ 当団体による養子縁組あっせん事業の終了について”. 小さないのちを守る会 (2018年5月18日). 2020年2月14日閲覧。

外部リンク編集