小坂 正吉(おさか まさよし、生年不明 - 弘治3年(1557年))は、室町時代の武将。通称、小坂政吉、源九郎。田光城主。父に小坂吉俊、兄に小坂正氏がおり、子に小坂雄吉がいる。

概要編集

弘治2年(1556年)に清洲城主の織田信光が家臣の坂井大膳により殺された際、織田信長は家臣を集めて坂井を攻め、正吉もこれに参加した。対する坂井の軍勢は清洲城の南西(現在の愛知県あま市七宝町桂深田)で織田軍を待ち伏せし、これを不意に襲撃した。正吉は、周囲が田畑だったためにぬかるみに足を取られ、傷を負った。兄の小坂正氏は討死にした。

関連項目編集

脚注編集


参考文献編集