小子侯(しょうしこう、生年不詳 - 紀元前705年)は、中国春秋時代の君主。姓は姫、名は知られていない。

小子侯
王朝
在位期間 紀元前709年 - 紀元前705年
都城
没年 紀元前705年
哀侯

生涯編集

晋の哀侯の子として生まれた。紀元前709年、哀侯が曲沃に捕らえられると、小子侯が翼で晋侯として擁立された。紀元前705年、小子侯は曲沃の武公に誘い出されて殺害された[1]。翌年、桓王が虢仲に命じて曲沃を討たせ、武公が曲沃に戻ると、哀侯の弟の晋侯緡が翼で晋侯として擁立された[2]

脚注編集

  1. ^ 史記』晋世家
  2. ^ 『史記』晋世家および『春秋左氏伝』桓公8年
先代:
哀侯
君主
前709年 - 前705年
次代:
晋侯緡