メインメニューを開く

武公(ぶこう、? - 紀元前677年)は、中国春秋時代の分家曲沃の第3代当主、後に晋宗家第18代君主。

武公 姫称
王朝
在位期間 前678年 - 前677年
姓・諱 姫称(きしょう)
没年 前677年
荘伯(嫡子)

生涯編集

陘廷の戦い編集

晋の公族で、祖父の桓叔(成師)から続く曲沃山西省臨汾)の分家の出身で、幼少の頃から曲沃の正卿の欒賓中国語版靖侯の孫、欒成中国語版の父、欒枝中国語版の祖父、欒書の先祖)を傅に付けられるなど、桓叔に目をかけられていた。

父荘伯の死後、曲沃の第3代当主となった称は、祖父と父の遺志を継いで宗家を乗っ取ろうとし、紀元前709年に起きた宗家の陘廷(山西省)攻略戦の隙を突いて、宗家当主の哀侯と息子の小子侯を立て続けに滅ぼした。

この戦いの際、称は欒賓の子で、古くからの知り合いである欒成中国語版(欒共叔)と再会し、「私はあなたを曲沃の正卿として、政を任せたい。」と降伏を呼びかけた。しかし欒成は「もし私が私利によって人の道を破棄する(=曲沃の正卿になる)ならば、私はどうやって民に教えるのですか。その上、君侯に仕えて二心を持つならば、 君侯は私をどのように用いられるのですか。」と厳然と降伏を拒否し、翼の臣として戦死した。称はこれを大いに悲しんだ。

国力増強編集

しかし、周王室の介入により宗家は晋侯緡を立てた上に、虢公林父中国語版を中心とする諸侯連合軍の侵攻を受けたので、称は曲沃に戻り、狐突中国語版士蔿荀息中国語版等の才能ある俊英達を家臣として登用して、改めて曲沃の国力増強に勤めた。その一方で、過去幾度となく周王室の介入を受けた事を踏まえ、蔿国など、周王室内の実力者らの支持を取り付けていった。

再統一編集

そして紀元前679年、今度は権謀術数の限りを尽くして虢公林父を引き入れ、周王室の介入を防いだ上で再度翼に侵攻して晋侯緡を滅ぼし、桓叔・荘伯以来の悲願である晋の再統一を成し遂げた。称は翼の倉庫にあった宝物を全て周王室に献じ、正式に晋侯として認められた。

この際、翼は絳と名を改めた。

紀元前677年死去。晋を再統一した功績から、号の中では2番目に尊い「」を諡され、以後武公と呼ばれる。

参考文献編集

武公を題材にした小説編集