小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律

小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律(しょうがっこうおよびちゅうがっこうのきょうゆのふつうめんきょじょうじゅよにかかるきょういくしょくいんめんきょほうのとくれいほうにかんするほうりつ)は、教育職員免許法に関する特例を定めた法律

小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 平成9年6月18日法律第90号
効力 現行法
種類 教育法
主な内容 小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等について
関連法令 教育職員免許法など
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

概要編集

義務教育に従事する教員個人の尊厳及び社会連帯の理念に関する認識を深めることの重要性にかんがみ、教員としての資質の向上を図り、義務教育の一層の充実を期する観点から、小学校又は中学校教諭普通免許状を5条別表第1で授与を受けようとする者に、障害者高齢者等に対する介護介助、これらの者との交流等の体験(介護等の体験)を行わせる措置を講ずるため、小学校及び中学校の教諭の普通免許状の5条別表第1による授与について教育職員免許法(昭和24年法律第147号)の特例等を定めることを目的として制定された法律である。

構成編集

  • 第一条(趣旨)
  • 第二条(教育職員免許法の特例)
  • 第三条(関係者の責務)
  • 第四条(教員の採用時における介護等の体験の勘案)
  • 附則

関連項目編集