メインメニューを開く

小島千加子

日本の編集者、文芸評論家、詩人

小島 千加子(こじま ちかこ〈本名:小島喜久江〉、1928年9月19日 - )は日本の編集者文芸評論家詩人

目次

来歴編集

東京府出身。日本女子大学国文科卒業。1948年新潮社[1]入社。『新潮』編集部にて森茉莉三島由紀夫檀一雄吉行理恵たちを担当。特に森茉莉とは、1958年から森が死去する1987年まで29年間にわたって親交を結んでいた。

出版部、副部長職兼務を経て1988年に退社し、文筆業一本となる。

著書編集

編著編集

  • 森茉莉『ぼやきと怒りのマリア-ある編集者への手紙』筑摩書房、1998年
  • 森茉莉『マリアの空想旅行』ちくま文庫、2006年
  • 吉行理恵『湯ぶねに落ちた猫』筑摩書房、2008年

脚注編集