小島 智子こじま ともこ1978年3月23日 )は元NFLチアリーダー日本人初チームキャプテン。NFLタンパベイ・バッカニアーズで2003年から2011年まで日本人最長記録となる8シーズン連続チアリーダーを務めた。最終年にはNFL史上初の日本人チームキャプテンとして活躍した。8シーズンのうち4シーズンはチーム内で選ばれる選抜チームのメンバーにも選出され、日本、イギリス、グアム、ハワイ、韓国、エクアドル、ホンジュラス、キュラソー、オーストラリアや米国内でNFLプローモーション活動や米軍慰問活動を行った。日本には2003年のバッカニアーズチアリーダーズとしてのデビュー戦となったアメリカンボウルを含め、3度ほど来日している。[1]株式会社エスイーエス所属[2]

小島 智子
個人情報
フルネーム 小島 智子
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1978-03-23) 1978年3月23日(42歳)
大阪府
ウェブサイト 小島智子オフィシャルウェブサイト
スポーツ
日本の旗 日本
競技 チアリーダー
チーム タンパベイ・バッカニアーズ
引退 2011年4月

大阪府生まれ。身長:163cm、血液型:B型。帝塚山学院中学校・高等学校[3]立命館大学経済学部卒業[3][4][5]

来歴

高校2年時にホームステイを経験したがその時のミドルスクールの副校長がサンディエゴ・チャージャーズのOBであったことからNFLチアリーダーと初めて出会う[4]

立命館大学入学と同時に応援団チアリーダー部に入部した。大学入学前にはバレエバトン経験はなかったが[4]、4回生時に応援団チアリーダー部長。2000年3月に大学を卒業した後は京都信用金庫に勤務しながらXリーグ所属松下電工インパルスのチアリーダーとしても活躍した[3][6]

2002年日本で行われたNFLチアリーダー公式オーディションを突破し[7]サンフランシスコ・フォーティナイナーズのオーディションに参加したが不合格となった[4]

2003年、単身渡米し倍率16倍の難関を乗り越えてタンパベイ・バッカニアーズのオーディションに合格し[8]、同チーム日本人初のチアリーダーになった。同年に東京ドームで行われたアメリカンボウルの際にタンパベイ・バッカニアーズのチアリーダーとして参加している[3]

2007年、日本人NFLチアリーダーとして5シーズン連続で合格し、日本人最長記録を更新した[3]

2009年第43回スーパーボウル開催時には、地元タンパでスーパーボウルが開催されたことから、ホストシティチアリーダーとしてイベントなどで引っ張りだこになった[9]。同年7月にはバッカニアーズの他のチアリーダーと共に沖縄県キャンプ・キーザーに駐留するアメリカ海兵隊を訪問した[10]。 また同年、NFL International Series in Londonの舞台(バッカニアーズ対ペイトリオッツ)に日本人として初めて立つ。イギリスのトップアイドルCalvin Harrisと共演する。

チアリーダー現役時代、アメリカでの活動資金としてヤマハ発動機スポーツ振興財団が行っているスポーツチャレンジ体験助成を3年間受けた。[11][12][13][14]

現役時代、バッカニアーズ・チアリーダーズとして年間300回以上にも及ぶチャリティー活動を実施。 フィールド外でも献身的に活躍した。

現役最終シーズンとなる2010-2011シーズンには日本人NFLチアリーダー史上初となるチームキャプテンに抜擢される。 同時に日本人NFLチアリーダー最長8シーズン連続合格という記録も更新した[15]

2011年4月をもって現役引退し、現在はテレビ出演や講演、チアクリニックなど幅広いフィールドで活躍中。 現役時代の活動が認められ、記念すべき第1回大阪マラソンのチャリティーランナーに抜擢された。

2012年6月、日本三大祭の一つである天神祭の御膝元、大阪・天満を拠点とする小島智子がコーチを務めるキッズチアダンス教室「Tomoko Kojima Cheerdance Academy」を開校。小島智子が提唱する「チアスピリット」(チームワーク、挨拶の大切さ、感謝の気持ち、思いやりの精神)の大切さを子ども達に伝える、地域密着型のチアダンスアカデミーとして展開している。

2014年より、阪神タイガースチアリーディングチームのスーパーアドバイザーに就任する。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 帰国 イベント情報④”. 小島智子オフィシャルブログ (2010年5月19日). 2012年2月27日閲覧。
  2. ^ NFLチアリーダー小島智子帰国イベントのお知らせ”. エスイーエス. 2012年2月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e 卒業生の活躍”. 帝塚山中学校・高等学校 (2009年). 2009年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月29日閲覧。
  4. ^ a b c d アメリカで輝いている人 アメリカ快適生活サポート 2005年6月 2009年8月12日閲覧
  5. ^ 小島智子さん(H12経済)がNFLタンパベイ・バッカニアーズのチアリーダー・オーディションに日本人初5年連続合格!! 立命館大学校友会 2007年4月9日 2009年8月12日閲覧
  6. ^ 小島 智子”. アプレ. 2012年2月27日閲覧。
  7. ^ オーディション情報”. NFL JAPAN (2002年). 2010年12月14日閲覧。
  8. ^ エヌエフエルレポート・ジャパン 2003年夏号 通巻23号”. NFL JAPAN (2003年6月30日). 2010年12月14日閲覧。
  9. ^ 渡辺史敏 (2009年2月1日). “【現地レポート】タンパの日本人チアは大忙し”. NFL JAPAN. 2012年3月29日閲覧。
  10. ^ Bucs Cheerleaders Visit Japan”. ultimatecheerleaders.com (2009年6月26日). 2012年2月27日閲覧。
  11. ^ スポーツチャレンジ体験助成 平成19年度(第1期生)”. ヤマハ発動機スポーツ振興財団. 2012年2月27日閲覧。
  12. ^ スポーツチャレンジ体験助成 平成21年度(第3期生)”. ヤマハ発動機スポーツ振興財団. 2012年2月27日閲覧。
  13. ^ スポーツチャレンジ体験助成 平成22年度(第4期生)”. ヤマハ発動機スポーツ振興財団. 2012年2月27日閲覧。
  14. ^ フロリダの海に癒されて 小島智子(NFLチアリーダー)”. 朝日新聞 (2008年3月27日). 2012年2月27日閲覧。
  15. ^ Spreading Good Cheer タンパベイ・バッカニアーズHP 2007年4月6日

関連項目

外部リンク