メインメニューを開く

小川 博(おがわ ひろし、1940年1月25日 - )は、神奈川県出身の元プロ野球選手内野手)。

小川 博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1940-01-25) 1940年1月25日(79歳)
身長
体重
174 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1962年
初出場 1963年5月7日
最終出場 1965年9月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

法政大学第二高校(現・法政大学第二中・高等学校)では、延藤謙吉(三重交通)、青木武文(駒大)の両エースを擁し、二塁手、三番打者[1]として1957年夏の甲子園に出場。決勝に進むが広島商に敗れ、準優勝にとどまる[2]。他のチームメイトには三塁手、主に六番打者[1]河東真(のち巨人)がいる。

卒業後は法政大学に進学。東京六大学野球リーグでは在学中4回の優勝を経験。1960年春季リーグ(大学3年時)の優勝に貢献、直後の全日本大学野球選手権大会でも、決勝で同志社大を破り優勝した。翌1961年秋季リーグ(大学4年時)では36打数15安打 、打率.417で首位打者のタイトルを獲得、ベストナイン(二塁手)にも選出されている[3][4][5]。大学時代のチームメイトに新山彰忠樋口正蔵(共にのち南海)、室山皓之助(のち阪神)がいる。

1962年阪急ブレーブスに入団。1963年9月には二塁手として6試合に先発出場するものの、その後は出場機会に恵まれず、1965年限りで現役を引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1963 阪急 18 29 27 2 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 1 0 1 6 0 .111 .172 .111 .283
1965 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年 20 31 29 2 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 1 0 1 7 0 .103 .161 .103 .264

背番号編集

  • 1 (1962年)
  • 43 (1963年 - 1965年)

脚注編集

  1. ^ a b 法政二高野球部の歴史【神奈川高校野球資料館特別資料室17】
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 首位打者 - 東京六大学野球連盟
  4. ^ 法政大学野球部年表法政大学野球部公式サイト
  5. ^ リーグ戦記録集法政大学野球部公式サイト

関連項目編集