小松原 三夫(こまつばら みつお、1920年 - 2013年11月2日[1])は日本プロゴルファーである。

人物編集

1955年、プロゴルフライセンスを取得。主にプロ・アマを問わずゴルフの技術を教える「ティーチングプロ」として活躍し、テレビ東京の「小松原三夫のゴルフ道場」では長年メインパーソナリティー(道場主)として多くのゴルファーからの人気を集めた[2]。また「ビッグバード」「バービック」といったゴルフクラブをプロデュースしている[2]

1964年に開場した八ヶ岳高原カントリークラブの設計に携わっている[3][4]

1988年、漫画家井上コオによる作品、『小松原三夫のまんがゴルフ実戦道場』が日本文芸社より出版されている。

91歳となった2011年にもティーチングプロとして活動を続けている[5]

2013年11月2日午前6時20分、心不全のため東京都目黒区の病院で死去した。95歳没[1][6]

関連人物編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 小松原三夫氏死去=プロゴルファー”. 時事通信 (2013年11月2日). 2013年11月2日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b 日本ゴルフスクールとは”. がくぶん. 2012年6月24日閲覧。
  3. ^ 小松原 三夫氏へのインタビュー 1”. 八ヶ岳高原カントリークラブ (2011年7月16日). 2012年6月24日閲覧。
  4. ^ 小松原 三夫氏へのインタビュー 3”. 八ヶ岳高原カントリークラブ (2011年7月25日). 2012年6月24日閲覧。
  5. ^ 小松原 三夫氏へのインタビュー 2”. 八ヶ岳高原カントリークラブ (2011年7月18日). 2012年6月24日閲覧。
  6. ^ “小松原三夫さん死去 95歳、ゴルフレッスンの草分け”. 朝日新聞. (2013年11月2日). http://www.asahi.com/articles/TKY201311020139.html 2013年11月2日閲覧。