メインメニューを開く

小松 摂郎(こまつ せつろう、1908年2月14日 - 1975年5月9日)は、日本哲学者大阪府出身。

経歴編集

長野県育ち。長野県立諏訪中学校(現・長野県諏訪清陵高等学校)卒、東京帝国大学卒。1935年、山形高等学校教授。弁証法的唯物論を研究。戦後、民主主義科学者協会に参加、主体性論争梅本克己を批判した。

1949年、神戸経済大学予科教授から、新制神戸大学文理学部教授へ切り替わる見込みであった小松は、日本共産党の党員や同調者を強権的に排除するレッドパージの対象となり、小松の新制大学教授への切り替えを認めないことを決し、さらに免官とした大学評議会など上層部と、文科教授会などとの間に対立が起こった[1]。この事件は、「小松問題[1]、「神戸大学レッド・パーシ事件[2]と称され、大学におけるレッドパージの代表的事例として知られることとなった[1]

1962年東海大学短期大学部教授。

父に教育者の小松武平、弟に数学者の小松醇郎がいる。

著書編集

  • 『精神科学の諸問題』野田書房 1936
  • 『西田哲学の根本性格』世界評論社 1948
  • 『実存哲学批判』塙書房 1948
  • 『弁証法と実存哲学』芳恵書房 1948
  • ドイツ観念論批判』北隆館 1948
  • 『これからの哲学』鈴懸書房 1948
  • 『弁証法入門』1953 (創元新書)
  • 『西洋哲学史入門』法律文化社 1954  
  • 『弁証法読本』創元社 1957
  • 『人間の探究』新読書社出版部 1959
  • 『劣等感』新読書社出版部 1959
  • 『哲学入門』法律文化社 (入門シリーズ) 1960
  • 『哲学史入門』法律文化社(入門シリーズ)1962
  • 『文学的人間論』新読書社 1963
  • 『現代人間論』法律文化社(市民教室)1964
  • 『ある哲学者の療養日記』理想社 1964
  • 『日本人の劣等感』新興出版社(真昼文庫)1965
  • パスカル清水書院 センチュリーブックス 1966
  • 『文学にみる人間探究』新読書社 1966
  • 『漱石と鴎外 人間論的考察』法律文化社(市民教室)1966
  • 『精神科学の諸問題』小松摂郎還暦記念会 1968

編著編集

  • 『小松武平追想録』編・私家版 1931
  • 『追想』編・私家版 1940
  • 『哲学小辞典』 創元社 1954
  • 『日本の知識人 黄金の脳味噌を持つひとびと』 法律文化社 1957
  • 『講座西洋哲学史』 理想社 1959-60
  • 『今日の哲学 第4 人間論』 三一書房 1960
  • 『倫理学』 福村出版 1967
  • 『思想の流れ タレスからサルトルまで』文林書院 1967
  • 『現代の哲学 人間論を中心として』 世界書院 1968
  • 『現代哲学 五つの焦点』正続 法律文化社 1969-71
  • 『日本の思想』 法律文化社 1972
  • 『哲学講義』 法律文化社 1973

翻訳編集

  • ディーツゲン『人間の頭脳活動の本質』1952 岩波文庫
  • モーリス・コーンフォース『唯物論と弁証法 哲学入門』理論社 1953
  • モーリス・コーンフォース『弁証法的唯物論』全3巻 白井泰四郎藤野渉、理論社編集部共訳 理論社 1954-56
  • 『マルクスのことば 世界を動かす思想』社会思想社(現代教養文庫) 1966

脚注編集

  1. ^ a b c 小松問題 神戸大学百年史編集委員会編『神戸大学百年史』部局史より”. 神戸大学文学部・大学院人文学研究科同窓会. 2016年3月29日閲覧。
  2. ^ 『大学自治の危機:神戸大学レッド・パージ事件の解明』平田哲男 編、白石書店、1993年。

参考編集

  • 日本人名大辞典