メインメニューを開く

小林 晴夫(こばやしはるお、1921年2月23日 - 2009年6月29日)は、日本工学者化学者工学博士。元室蘭工業大学学長・同名誉教授北海道大学名誉教授。東京都出身

目次

来歴編集

1944年(昭和19年)北海道帝国大学工学部卒業。北海道大学大学院工学研究科博士課程修了。1947年(昭和22年)北海道大学工学部講師1948年(昭和23年)同工学部助教授1960年(昭和35年)同工学部教授1983年(昭和58年)北海道大学退官。同名誉教授。1983年(昭和58年)室蘭工業大学理事・室蘭工業大学8代学長に就任。1991年(平成3年)室蘭工業大学退官。北海道武蔵女子短期大学学長に就任。1998年(平成10年)同学長を退任し、終身理事。2009年6月29日、敗血症胆嚢炎のため死去[1]

公職としては、室蘭市総合計画審議会会長や室蘭市地域産業振興懇話会座長などを務めた。

研究領域編集

エピソード編集

受賞歴編集

著書編集

  • 『触媒装置および設計(触媒工学講座3)』(地人書館, 1965年)

脚注編集

  1. ^ 小林晴夫氏死去/元室蘭工大学長 四国新聞 2009年6月30日

参考文献編集