メインメニューを開く

小林 道彦(こばやし みちひこ、1956年 - )は、日本の歴史学者政治学者北九州市立大学基盤教育センター教授。専門は日本政治外交史。

略歴編集

埼玉県熊谷市生まれ。1988年中央大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。2000年博士(法学、京都大学)。北九州市立大学法学部教授を経て、現在同大学基盤教育センター教授。

『政党内閣の崩壊と満州事変』で平成21年度吉田茂賞受賞。

著書編集

単著編集

  • 『日本の大陸政策 1895-1914――桂太郎と後藤新平』(南窓社、1996年)
  • 『桂太郎――予が生命は政治である』(〈ミネルヴァ日本評伝選ミネルヴァ書房、2006年)
  • 『政党内閣の崩壊と満州事変――1918~1932』(ミネルヴァ書房、2010年)
  • 『児玉源太郎――そこから旅順港は見えるか』(〈ミネルヴァ日本評伝選〉 ミネルヴァ書房、2012年)
  • 『大正政変――国家経営構想の分裂』(千倉書房 2015年、上記『日本の大陸政策』を大幅に増補の上、改題・新装したもの)

共編著編集

  • 中西寛)『歴史の桎梏を超えて――20世紀日中関係への新視点』(千倉書房、2010年)
  • 黒沢文貴)『日本政治史のなかの陸海軍――軍政優位体制の形成と崩壊1868~1945』(ミネルヴァ書房、2013年)

論文編集

※後に単著に収録されたものは除く

単行本所収論文編集

  • 「帝国国防方針の補修と日本陸軍」(北九州大学法学部『北九州大学開学五十周年記念論文集』、1997年)
  • 「大陸政策と人口問題――1918年~31年」(伊藤之雄、川田稔編著『環太平洋の国際秩序の模索と日本――第一次世界大戦後から五五年体制成立』山川出版社、1999年)
  • 「政党政治と満州事変」(伊藤之雄川田稔編著『20世紀日本と東アジアの形成 1867~2006』ミネルヴァ書房、2007年) 

雑誌論文編集

  • 「世界大戦と大陸政策の変容――1914~16年」(『歴史学研究』第657号、1994年) 
  • 「明治軍事史研究の課題と可能性」(『国際安全保障』通号142、2008年)
  • 「三月事件と十月事件」(『基盤教育センター紀要』(7)、2010年)
  • 「神風連の乱 ある「待罪書」をめぐって」(『北九州市立大学法政論集』38巻1・2号、2010年)
  • 「日露戦争から大正政変へ――1901~1913」(『近代日本研究』(29)、2012年)

刊行史料編集