メインメニューを開く
小池仁郎

小池 仁郎(こいけ にろう、慶応2年5月7日[1]1866年6月19日) - 1936年昭和11年)1月24日)は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党国民同盟)、水産業者。

経歴編集

越後国中頸城郡潟町村(現在の新潟県上越市)出身。小池太一郎の二男で、1877年明治10年)に小池仁兵衛の養子となった[2]1879年(明治12年)に新潟師範学校速成科高田支場を卒業し、小学校教員となったが、北海道に渡って漁業に従事した。根室水産会会長、根室漁業組合理事、根室鮭鱒養殖水産組合長、北海道水産会会長、帝国水産会副会長を歴任した[3]

1900年(明治33年)に根室町会議員に選ばれ、ついで1904年(明治37年)から北海道会議員を3期務めた。1915年大正4年)、第12回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、7回の当選回数を数えた。第2次若槻内閣では逓信政務次官を務めた。

脚注編集

  1. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年、p.36。
  2. ^ 『代議士月旦』p.512
  3. ^ 『衆議院要覧』

参考文献編集

  • 広幡明男『大正十三年五月当選 代議士詳覧』泰山堂、1924年。
  • 大石末吉『普選の勝者 代議士月旦』東京平和新報社出版部、1928年。
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十七年十一月』衆議院事務局、1942年。