メインメニューを開く

小爾朱氏(しょうじしゅし、生没年不詳)は、北魏の廃帝東海王元曄の皇后。爾朱兆の娘。は不詳で、爾朱栄の娘の大爾朱氏(爾朱兆の従姉妹)に対して小爾朱氏と呼ばれる。

生涯編集

530年、夫の長広王元曄が皇帝として擁立され、爾朱氏も皇后となった。しかし元曄は宗室の傍系からの即位で、人望にも欠如していた。4か月後、元曄は爾朱世隆らによって廃された。532年12月26日、元曄は孝武帝により後難を除くべく殺害された。その後、爾朱氏は高歓の側妻となった。537年、男子を産んだ。

爾朱氏はその後、高歓の異母弟・趙郡公高琛と姦通した。高琛は杖で打たれて死んだ。爾朱氏は霊州に追放され、のちに范陽の盧景璋と再婚した。

子女編集

伝記資料編集

  • 北史』巻14 列伝第2 后妃下「小爾朱者,兆之女也。初為建明皇后。神武納之,生任城王。未幾,與趙郡公琛私通,徙於靈州。後適范陽盧景璋。」