メインメニューを開く

小田 勝幸(おだ かつゆき、男性1964年昭和39年)4月2日 - )は、広島県出身の空手家(四段)。極真会館(松井派)広島県支部の支部長。通称は「殺人空手家」。広島支部3姉妹の三女こと小田幸奈(初段)は実の娘[1]

小田 勝幸
生誕 (1964-04-02) 1964年4月2日(55歳)
日本の旗 日本 広島県三原市
職業 空手家
団体 国際空手道連盟 極真会館
流派 極真空手
肩書き 支部長・師範
公式サイト http://www.kyokushin-hiroshima.com/

人物編集

広島県三原市出身。

高校卒業後上京し、極真会館総本部若獅子寮に入寮、内弟子となる。大山倍達より直接指導を受け、3年間修業したのち卒寮した[2]

その後、極真会館東京城西支部(山田雅稔支部長)に移籍し、指導を受けた。

現在は、広島県下、23ヶ所に支部道場を持つ。

略歴編集

  • 1995年11月、松井章圭の命により、総本部直轄広島道場としてスタート。
  • 1996年6月、常設道場をオープン。
  • 2009年10月、名称を広島県支部へと変更。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集