小笠原 権之丞(おがさわら ごんのじょう、1589年天正17年)? - 1615年6月3日慶長20年5月7日))は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将徳川家康落胤とされる。母は三条氏。本来ならば六男の松平忠輝の兄にあたるともいう。洗礼名はディエゴ。妻は近藤秀用の娘。息子は早世し、娘2人は間宮信勝と中川飛騨守(年代から中川忠幸と思われる)に嫁いだ。

以下は全て、伝承に基づく。

経歴編集

1674年に成立した『御降誕考』によれば、権之丞の生まれの事情は不明としながらも、家康の正室であった朝日姫侍女「大さい」「小さい」のうち「大さい」に、家康手がつき身籠り、朝日姫の兄である豊臣秀吉を憚った家康は、懐妊した大さいを、家康家臣の小笠原広重[1] 次男の小笠原越中守正吉[2] の妻としたとしている。権之丞は正吉の子として育てられ、長じて幡豆小笠原氏を継ぎ、6000石を領したとされる。キリシタンに傾斜したため、1612年岡本大八事件に連座して改易・放逐された。[3]

大坂の陣に際しては、豊臣方として参戦し、徳川家に敵対し、夏の陣の天王寺の戦いで同じキリシタンである明石全登の麾下として出陣したものの戦死したとされる。

権之丞の母・大さいの位牌は西尾市東幡豆町妙善寺に祀られている。

小説編集

脚注編集

  1. ^ 三河国幡豆郡の寺部城主であり、駿河今川家に従属した。三河一向一揆の後に徳川氏に帰順する。
  2. ^ 一般に「広朝」とされるが、自署は「正吉」である(「大湊古文書」「角屋文書」)。兄の船手頭小笠原信元は房総富津に2500石。正吉は1600年、兄の信元と共に尾張国毛呂崎城(師崎城)を守備したが、のちに独立して大久保忠世に属し(『家忠日記』『三河物語』)、後に側近として家康に仕えた。正吉は兄に先立ち1603年没(法名 良勝)。
  3. ^ 船手頭で当主の信元は同年に没している。信元の遺領は信元弟の広忠の子・信重末期養子として、さらにその子の信盛が相続している

参考編集