小笠原 長宣(おがさわら ながのぶ)は、江戸時代前期の豊前国小倉藩の世嗣。官位従五位下大和守

 
小笠原長宣
時代 江戸時代前期
生誕 寛永8年(1631年
死没 寛文3年1月10日1663年2月17日
官位 従五位下大和守
豊前小倉藩世嗣
氏族 小笠原氏(忠真系府中小笠原氏)
父母 小笠原忠真円照院
兄弟 長安市松姫長宣、嘉禰、鍋姫、忠雄真方坂牧忠増長弘、千代姫、姫松
正室松平乗寿の娘
テンプレートを表示

略歴編集

初代藩主・小笠原忠真の次男として誕生。母は円照院(亀姫、徳川家康養女、本多忠政の次女)。正室は松平乗寿の娘。

正保3年(1646年)、兄・長安が廃嫡されたため嫡子となり、同年叙任する。しかし、家督を継ぐことなく寛文3年(1663年)に33歳で死去した。

代わって異母弟・忠雄が嫡子となり、家督を継いだ。