メインメニューを開く

小笠原 忠雄(おがさわら ただたか/ただかつ)は、豊前小倉藩の第2代藩主。小笠原家宗家3代。

 
小笠原忠雄
Ogasawara Tadakatsu.jpg
小笠原忠雄像
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 正保4年5月20日1647年6月22日
死没 享保10年6月28日1725年8月6日
改名 万松丸(幼名)→長真(初名)→忠雄
戒名 静照院殿暁山紹栄
墓所 福岡県北九州市小倉北区の広寿山福聚寺
官位 従五位下遠江従四位下侍従左近将監
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉家宣家継吉宗
豊前小倉藩
氏族 小笠原氏
父母 父:小笠原忠真、母:那須藤(永貞院)
兄弟 長安長宣市松姫(宝光院、黒田光之正室)、嘉禰(兼姫、松平頼元正室)、鍋姫、忠雄真方坂牧忠増長弘、千代姫、姫松
正室久姫長寿院浅野光晟の娘)
側室:鈴木氏

義姫(藤堂高睦正室)、房姫(松平昌興室)、清姫、福姫(浅野長澄正室)、染姫(牧野康重正室)、忠基稲葉清彪貞通長新

須免姫(稲葉正知正室)

生涯編集

正保4年(1647年)5月20日、初代主・小笠原忠真の三男(または四男)として小倉で生まれる。兄で世嗣だった長宣が早世したため、万治3年(1660年)に世子に指名され、寛文3年(1663年)に従五位下、遠江守に叙任される。寛文7年(1667年)、父が死去したため跡を継いだ。このとき、従四位下に昇進している。

延宝元年(1673年)、長真から忠雄と改名する。藩政においては、寛文11年(1671年)に弟の真方に1万石を分与して支藩である小倉新田藩を立藩させ、減税政策、藩体制の整備・強化、密貿易の取り締まりなどを行なった。しかし延宝年間に飢饉が起こって財政が苦しくなると、重税を課したと言われている。

元禄9年(1696年)からは嫡男・忠基と二元政治を行ない始める。晩年には新井白石が行なった正徳の治における貨幣改革の余波を受けての米価低下による藩財政収入の減少、享保の大飢饉による被害の大きさによる百姓の逃散なども相次いだ。しかも幕府による手伝い普請による出費増大も財政悪化の一因を成したが、幕府からは譜代大名の鏡として賞賛されたという。

享保10年(1725年)6月28日に死去した。享年79。跡を忠基が継いだ。