メインメニューを開く

小郡市野球場(おごおりしやきゅうじょう)は、、福岡県小郡市の小郡市運動公園内にある野球場である。高校野球の県大会などでも利用されている。また、1995年、こけら落としで、福岡ダイエーホークスが、広島東洋カープを迎えて、オープン戦を行い、福岡ソフトバンクホークスとなってからも、年に1試合程度、二軍の公式戦を行っている。他にも、読売ジャイアンツ埼玉西武ライオンズの二軍公式戦が、2001年2003年に行われた。

小郡市野球場
小郡市野球場 内野.jpg
小郡市野球場の位置(福岡県内)
小郡市野球場
施設データ
所在地 福岡県小郡市大保427番地の1
座標 北緯33度24分33秒 東経130度34分5.4秒 / 北緯33.40917度 東経130.568167度 / 33.40917; 130.568167座標: 北緯33度24分33秒 東経130度34分5.4秒 / 北緯33.40917度 東経130.568167度 / 33.40917; 130.568167
開場 1995年
所有者 小郡市
グラウンド 内野:黒土,外野:天然芝
照明 照明灯 - 6基
使用チーム • 開催試合
福岡レッドワーブラーズ四国・九州アイランドリーグ2008年2009年
高校野球など
収容能力
約13,000人(内野:約6,000席、外野:約7,000席)
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積 - 13,387m2
両翼 - 98 m , 中堅 - 122 m

2008年2009年四国・九州アイランドリーグ福岡レッドワーブラーズが主催試合を開催していた。

目次

概要編集

RC構造

  • グラウンド面積:13,387m2
  • 両翼:98m 中堅:122m
  • 内野:黒土 外野:天然芝
  • 収容人員:約13,000人(内野:約6,000人、外野:約7,000人)
  • 照明:6基
  • スコアボード:電光式

所在地編集

  • 福岡県小郡市大保427番地の1

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集